2009年04月18日

懐の深いカナダの移民政策

永住権があるメリットのひとつとして、英語のクラスを無料で受けられるというのがある。

まず自分の英語のレベルを簡単な試験をうけてアセスメントしてもらって、レベルにあったクラスを受講できるというものだ。

早速、夫婦で試験を受けてみた。

このときにまず感動したのは、試験の担当官の対応であった。
家はどこにあるか、いつなら授業が受けられるのか、車はあるのか、などを丁寧に聞いてくれて、もっとも合う学校を紹介してくれる。
夫婦それぞれ別の担当官だったのだが、二人とも親身になって、相談にのってくれた。

ここですごいのは学校によっては授業の間、子供をデイケアで預かってくれるのだ。その空き状況などもみて学校を探してくれるのだ。

「あなたの英語力なら普通のESLでは物足りないかもしれない。夜でよければ、このITプロフェッショナルのためのコースがあるから、これをお勧めするわ。」

という具合で、授業の内容も幅広い。

日本人的に気になるのは、どのくらいの期間この授業を受けられるのか、ということであった。こちらとしては、ポイント制か何かで、その回数まで受けられるというようなものを想定していた。
が、そんな話は一切出てこない。

結論としては、受けたいだけ受けていていいというのであった。
毎日朝から晩まで受けられるコースもある。それを一年中受けていてもいいらしい。
街のいたるところに色々な学校が用意されている。

どういう太っ腹なんだ。

NZでは、永住権申請の際に、配偶者のIELTSのスコアを出させる。その点数が低い場合は、英語のクラスを受けなければならず、そのために費用を払う必要があるのだ。罰金みたいである。
それが、カナダでは配偶者のIELTSのスコアすら要求しないのだ。

カナダに来て住む以上はちゃんと英語が出来るようになってください。その機会は徹底的に用意いたします、という感じだ。

日本が移民を本格的に受け入れるときに、こういうことが出来るのだろうか。

posted by りもじろう at 12:15 | Comment(3) | TrackBack(1) | カナダの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

カナダ永住権取得!

カナダに移住してからすぐに永住権の申請をした。
カナダに来てすぐのタイミングで、ニュージーランドの永住権がとれたのだが、それから1年以上かかった。

妻が永住権取得までの道程をまとめてくれたので、ここに転記しておこう。
カナダのほうもニュージーランドの永住権同様「Skilled worker」クラスというのがあって、職歴や学歴に応じたポイント制になっている。
すでにカナダで職を得て働いているので、ポイント的には問題なく、運良くカナダでも永住権を取得できたので、これまでの話を一旦まとめ。
時間軸は申請書類提出を基準にしてます。

5ヶ月前・IELTS受験(1年以内のスコアを提出しなければいけないので、2年ぶり2度目の受験。
・出身大学から英文の卒業証明書と成績証明書を取り寄せ。(配偶者の学歴もポイントになる)
・在籍していた会社から英文の在籍証明書、給与証明書を取り寄せ。個人事業主としては納税証明書を税務署に発行してもらい、英訳。
・スキル証明のため英文で推薦状を用意し、前職の上司にサインしてもらう。
2ヶ月前・無犯罪証明の申請(18歳以降に半年以上居住した国)
 日本の分は日本大使館で指紋を採取して申請。(処理期間は約2ヶ月)
 アメリカの分は、FBIだけではなく、カリフォルニア州警察の証明も必要。指紋採取サービスを探し、FBIと州警察に送付。(しかし、FBIのほうは指紋がなぜか途中で紛失、州警察のほうは専用の用紙を使えということで、いずれも指紋を取り直し。)
・出生証明書と結婚証明書
 日本大使館に戸籍謄本を持って行き、英文の証明書を発行してもらう。
1ヶ月前・銀行の残高証明
 日本の銀行からも英文の明細書を発行してもらう。
0.5月前・必要書類が揃ったので、公証人(notary public)にコピーを作って公証してもらう。
 (無犯罪証明書とIELTSレポートはオリジナルが必要)
0・アメリカNY州Buffaloのビザ・オフィスに申請書類一式を送付。
・IELTSレポートをBuffaloに送付してもらうよう日本のブリティッシュ・カウンシルに依頼。(レポートはブリティッシュ・カウンシルから提出先に直接送付する決まりらしい)
2ヶ月・そろそろファイルナンバーが届く頃かな、と待っていたら、送付した申請書類一式がそっくりそのまま返却されてきた。
・日本から送ってもらったはずのIELTSレポートがない、ということで、差し戻されたらしい。おそらくビザオフィスで紛失したのだろうけど、仕方がないのでブリティッシュ・カウンシルに再発行してもらう。
4ヶ月・ファイルナンバーが届き、E-CASで「In Process」というステイタスを確認。
9ヶ月・ファイルが Buffalo からニューヨークのオフィスに転送される。
11ヶ月・ニューヨークのオフィスからレターが届く。「面接は免除されました。指定医で健康診断を受け、Right of Permanent Residence Fee(RPRF) を支払ってください。」
12ヶ月・健康診断を受診し、そのレシートとRPRFのチェックをニューヨーク・オフィスに送付。
・その10日後、「健康診断のレシートは受け取ったが、同封されているはずのRPRFのチェックがありません。」というメールが届く。また紛失か。。。仕方がないので先のチェックをキャンセルし、新しくチェックを用意して再送付。
1年2ヶ月E-CASで「Medical results have been received.」という一文が追加される。
・その1週間後、パスポート・リクエストが届く。レターには「The officer determined that you are eligible for immigration to Canada...」とあった。
・すぐにパスポートと写真(各自4枚)をFedexで送付。
・2週間後、E-CASのステイタスが「Decision Made」になっているのを確認。
1年3ヶ月・ニューヨーク・オフィスから永住ビザ付きのパスポートが返送。
・8ヶ月以内にランディングすればResidence Permitとなる。
すぐに近くのボーダーに行ってランディングを完了した。
IELTSのスコアが届かないとか、チェックが入ってないとか、(こちらは何回も確認して送っている。)カナダ移民局はありえないグダグダっぷりであったので、時間が通常よりかかってしまった。

さて、これでいつでも今の仕事を辞められるということになったわけである。

どうするか。

posted by りもじろう at 10:27 | Comment(5) | TrackBack(0) | 移住準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

NZ旅行!

年末はNZで素晴らしい休暇を過ごした。

20081204_30s.jpg
そして、戻ったカナダは

P1010013.JPG
-26℃(体感-38℃)。

ああ、NZのビーチに戻りたい。

オタワからオークランドまでは恐ろしく遠かったが、これで、Residence Visaが有効になり、Returning Resident's Visaの有効期限が入国日の2年後となった。

要は、2年以内は再入国を繰り返すことが出来るので、最大2年はカナダに居ても問題なくなった。

今回の旅行では、オークランド近郊の不動産を見て回ったのだが、オタワの家と比べるとしょぼくて割高であった。

この不景気でオークランドの不動産価格が軒並み下落しているというのも頷ける。

まあ、オタワの不動産がバブルで上がってなかったいう話なのだろう。
バンクーバーなんかは高いし今は下落しているというから、オタワがただ田舎だったということだ。

あと、オークランドの気候だと、それほど頑丈な家でなくても大丈夫だろうが、オタワでそんな家では凍死する、ということもある。

他にオークランドをオタワと比べてみると、

野菜や魚介類が豊富で安い。うまい。

アジア人が多い。

ので、ラーメン屋とか、アジア系レストランが多い。

道が狭い。駐車場が狭い。店が小さい。

人がちょっと余裕がない感じがする。

街が小さい。人口はオタワより多いが、密集している。オタワは広がりすぎ。

酒がどこででも買えて嬉しい。ワインがうまい。

英語が判りにくい。発音違いすぎ。

裸足で歩いている人が多い。

車がぼろい。

今回、アメリカ経由で行ったわけだが、スルーするだけでもアメリカの嫌なところを沢山味わえた。
カナダ人に慣れていると、アメリカ人のむかつく事よ。

いずれ、カナダがNZのどちらかの国に定住するかを決めなければいけないのだが、NZのあの食材たちには、抗えないかも。

food.jpgseaurchin.jpg

posted by りもじろう at 06:33 | Comment(1) | TrackBack(0) | 移住準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

リストラ来た!

夏の強行出張以来すっかり腑抜けの日々が続いてしまっていたのだが、のんびりしていられない事態となった。

もうすぐリストラやるらしいといううわさで、社内は落ち着かない日々が続いていた。

当てにしていた大口顧客が、投資を控えるという話が出てきている。

手持ちのキャッシュがあるということで調子に乗って人を増やしてきたため、固定費はかさんでいるが、収入は減る一方である。

そんな折、ついに来た。

「明日の朝、ホテルでCEOから話がありますので、全員集まってください。」

朝、皆不安は隠せないが、引きつった愛想笑いで冗談をいいあう。

CEO「皆に残念な発表があります。思ったほど顧客からの投資が進まない中、こういう情勢になってしまいました。
今後、当分の間収入増は見込めません。
したがって、大幅に人員を削減せざるを得ません。」

CEO「社員は1/3の方に辞めてもらいます。」

ざわざわと、どよめきが起こる。

CEO「そして、今回の責任をとって、xx氏に辞めていただくことになりました。」

うーむ。そう来たか。

人事「この後、一人ずつ、上司と個別に面談していただきます。残念ながら退社になった方は、速やかに退職手続きを取っていただきます。」

おー。映画にありそうな展開。

各々席でそわそわとして呼び出しを待つ。


後ろの席の中国人が呼ばれる。
数分後、放心状態で、席に戻ってきた。

ああ、クビか。

「クビだって??」

事実を認められないようだ。なんかブツブツ言っている。
あーこれは切ない。

他にもクビを言い渡されて、私のところに挨拶に来た人もいる。
激怒して、飲みかけのコーヒーなんかも放置でそのまま出て行った人も。

思いっきり泣いている人もいる。

うーむ。いくら慣れているカナダ人でもやはりリストラはつらいんですなあ。

そうして、遂に私の番が来た。会議室に呼ばれる。

上司「君には今までのままがんばってもらうから。」

「はあ。」


日本のスタッフも減らされたと聞かされた。マネージャークラスもいる。

1/3も人が減ると、オフィスも異常に静かで、ガランとしてしまう。

一応無事でほっとしたのはしたが、こういう経験をすると愛社精神とか皆無になりますなあ。

そんなわけで、来週からニュージーランドに3週間の休暇だったりする。
帰ってくるところ無くなってたりして。
posted by りもじろう at 09:38 | Comment(4) | TrackBack(1) | カナダの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

ハロウィーン

今年のハロウィーンはストームの後だったのでちょっと心配したが、気温も12℃ぐらいまで上がって、恙無くすんだ。

しかし、去年と違って、大人が仮装している人はいなかったし、家々の飾りつけも地味な感じだった。

このご時世じゃ仕方ないか。

P1010020.JPG
娘の通うスケートスクール。

子どもたちは無邪気に楽しそうで良かった。

タグ:カナダ
posted by りもじろう at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | カナダの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

初雪

夏休みを返せ、とかぶーたれてのんびり過ごしているうちにストームが来た。

P1010007.JPG

10月なのにもう雪。

P1010009.JPG

直径20cmはある楓の枝も折れる勢い。

これから来年の4月までオタワは半年以上冬なんですなあ。
タグ:カナダ
posted by りもじろう at 12:18 | Comment(3) | TrackBack(0) | カナダの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

日本出張

日本への長期出張が終わり、カナダの夏も終わった。

オタワでは、朝方には霜も下り、5℃とかなっているし。
うーむ。夏を返せ。


それにしても酷い出張であった。
リリース予定から遅れに遅れての火事場である。担当者をクビにした後、私がいきなり投入されたのであった。

当然のように、毎日朝から終電までの日々が続いた。
まあ、とったウィークリーマンションも首都高沿いで、うるさく狭い部屋である。早く戻っても何も楽しくもないのだが。

出張前日、通達があった。

「関係各位、明日の九時に弊社xxに集合してください。」

いわれるがままに集まる。

まず午前中いっぱいは、機材のセッティングだけで終わる。各ベンダーは待っているだけだ。

カナダ人どもは当然驚く。

「なんで事前に用意しとかないんだ?」

昼過ぎになって、やっと会を進めるのかと思いきや、各ベンダーの担当者を作業部屋に詰め込むと、あとは勝手にやれといってクライアントの担当者はいなくなってしまった。

カナダ人どもは当然驚く。

「なんで誰もこの会を進行しないんだ??」

「何のために、皆を集めたんだ??」

私「いや、担当同士でうまく解決しろってことだ。」

「What!!(以下略)」

初日から、こんな調子でだらだらと始まる。夜も9時を過ぎるとカナダ人激怒である。

「All of you are crazy!(以下略)」

独り言でも客の前でいうな。というか、All of you て私も含めていっているのか。

そんな調子で出張は始まったのであった。
タグ:クビ カナダ
posted by りもじろう at 10:35 | Comment(8) | TrackBack(0) | カナダの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

「やわなん」ご紹介いただきました!

モバイルサービスとしてやわなんを紹介していただきました。

9685.jpg

AERA English (アエラ・イングリッシュ) 2008年 10月号 [雑誌]

最近メンテナンス出来てないんで心苦しいところではあります。
(IE7未対応です。)

また余裕できたら直しますので。
posted by りもじろう at 19:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

出張は嫌いです

先日、妻にこんな話をしていた。

妻「日本は36℃とかだって。」

私「いやー、そんな暑い日本から逃れられて、こうやって快適に過ごせるだけでも本当ありがたいよなあ。」

そして、次の日に会社に行くと上司からこういわれた。

上司「急ですまないが、この週末から日本に出張いってほしい。」

うーむ。汗かきの私が一年の中でももっともいやな猛暑の日本に行けと。絶妙のタイミングですな。

私「で、どこに、いつまで?」

上司「オンサイトで○○プロジェクトの開発と顧客サポートをやってもらいたい。5週間は行ってもらいたい。」

そりゃ、いくらなんでも長すぎるぜ。セニョリータ。
娘たちとプールに行く約束もあるんでね。

私「それは、日本のセールスエンジニアのxxさんが行けばいいじゃないですか。」

上司「彼には辞めてもらった。」

まじか!

なんでも顧客の要求をちゃんと本社に伝えていなかったのが問題であったという。

うーーーむ。

そうなると、確かにサポートできる人間は限られてくる。恐ろしく英語が出来ない顧客相手にカナダ人だけを派遣できない。

それにしてもクビにする前に相談しろ。
ちなみに、日本は33℃、湿度70%。溶けそうです。汗)

rokさん、ええ知ってますよ。毎日溶けてますから!

タグ:クビ
posted by りもじろう at 00:51 | Comment(7) | TrackBack(0) | カナダの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

就労ビザ延長!

そろそろカナダに来て一年がたつのだが、晴れてWork Visaが一年延長できた。
Software Engineerのカテゴリでは毎年申請しなければならない。

これで健康保険なども延長できるようになる。

恐らく、会社に雇用されている場合、却下されることはないだろう。まあ、それにしても1年で帰国させられる可能性もあることはあるのだから、そんなところで家とか買って、子供が学校とか行ってるのって冷静に考えてみると大分無茶な話であった。(今頃気付くな。)

サブプライムローン問題で不動産価格が下落しているアメリカを見ていると、このあたりの不動産もやばいのか、とか思っていたが、年率5-6%で今だ上昇しているというのだから面白い。

バス停で会う近所のおばちゃん曰く、「カナダではローンの審査は厳しいから、アメリカみたいなああいうことはないわよ。昔、19xx年にカルガリーで同じような話があって...(以下略)」

アメリカとカナダってやはり違う国なのである。

そういいつつ、このおばちゃん、最近家を買ったときよりも高値で売って、近所の少し小さい家に引っ越してしまった。なんでも子供が大学にいってしまったので今の家は大きすぎるからということらしい。

まあ、カナダはアメリカ経済の影響をかなり大きくうけることに違いはないので、今後どうなっていくかはまったくわからないが、それを心配していても仕方がない。

来年の今頃はどうしているだろうか。
posted by りもじろう at 10:41 | Comment(3) | TrackBack(0) | カナダの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。