2008年04月28日

杉原輝雄という生き方

杉原輝雄というプロゴルファーがいる。

sugihara.gif

尊敬する人とかいうのもおこがましいぐらい、凄いプロフェッショナルである。

非常に自分に厳しく、他人に優しい人である。
例えば、人と約束したときは、30分前にはそこに着くように出かけるという。渋滞かなにかで相手に迷惑がかからないようにということだろう。コースでも後ろのパーティのことを考えてか、打つとボール目掛けて、すぐに走る。そんなことをするプロは普通いない。

縁があって、私が学生の頃に家族でご自宅に何度か呼んでもらったこともあった。

ゲストにも恐ろしく気を使う人だった。
例えば、いいワインをどんどんあけて、ゲストのグラスが空くとご本人がすぐに注いでくださった。
ジョークも途絶えることがない。

奥様も気さくで明るくて楽しい方だ。
こちらは緊張して、何をしゃべっていいかも分からない状態なのだが、和やかに迎えてくださった。

試合中、普通のプロだと神経を集中させているため、観客と話をしたりすることも少ないが、杉原プロは私たちを試合中見かけると、ニコニコと近づいてきて、

「ああ、来てくれたんか。後で食事していけるやろ?クラブハウスで待っとってや。」

とか、気さくに声をかけてくださったのを今でも覚えている。
いや、そんな我々のこと気にしてもらわんと、試合に集中してくださいよ!とかこっちが気になるぐらいだ。

1997年に前立腺ガンが見つかって、手術するか、投薬治療をするか、という岐路にたった。
手術をすれば、半年ほどはゴルフが出来なくなるというので、投薬治療の道を選んだ。
普通の人だったら、手術すればいいのに、で終わる話かもしれない。ただ60歳近くになって、手術して入院することは選手生命を絶たれる可能性もある。

70歳になった最近になって、リンパ筋に転移している可能性があることが分かった。

「転移していたら大変やが、気にしても仕方がない。(がんに)立ち向かっていくしかないよ。」

 「可能性としてはリンパ節に転移していることもありうる。だとしたら、あと何年ぐらい生きられるか。3年とか5年とかかもしれん。そりゃ、気分的には決してええもんやない。でも、この年まで生きられたんやし、しゃあないやろ。」

「(手術を勧めた)医者の言うことを聞かなかったが、後悔していない。」

試合後に、他のプロがクラブハウスでのんびり食事とかしているときに、一人雨の中でその日冴えなかったバンカーショットの練習をしている杉原プロ。
そんな話は枚挙に暇がない人だ。

シニアに出る歳になっても、現役のツアー出場にこだわった。
「シニアに出るためにプロになった訳やないからな。」

世界最年長予選通過記録を68歳10ヶ月で作った。
優勝回数は国内男子プロとしては尾崎将司、青木功に次ぐ歴代3位だという。

勿論本人は無理して、苦労してゴルフをやっているつもりはないだろう。好きなゴルフをやって死ねるならいいと思っているに違いない。
寧ろ死ぬまでゴルフをやり続けたいのだと思う。

こんな風に仕事を生涯続けられるのは幸せなことであろう。

こういう人をプロというのだ。

posted by りもじろう at 11:25 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。

実るほど頭をたれる稲穂かな
上記の言葉で表すとちょっとシリアス過ぎてしまうようですが、明るく気さくな中にも謙虚なお人柄が伺える御仁ですね。
そんな方と知り合えたなんて、なんと幸運なことでしょう。

誠実で謙虚で真摯な紳士ですね。
Posted by ぶ〜太 at 2008年04月28日 17:13
はじめまして。

実るほど頭をたれる稲穂かな
上記の言葉で表すとちょっとシリアス過ぎてしまうようですが、明るく気さくな中にも謙虚なお人柄が伺える御仁ですね。
そんな方と知り合えたなんて、なんと幸運なことでしょう。

誠実で謙虚で真摯な紳士ですね。
Posted by ぶ〜太 at 2008年04月28日 17:13
>>勿論本人は無理して、苦労してゴルフをやっているつもりはないだろう。

この言葉の文脈を趣味的に生きている人たちは、絶対に理解することは出来ないでしょうね。
Posted by ryu.higa at 2008年05月02日 01:39
ryu.higaさん 流石ですね!
Posted by りもじろう at 2008年05月03日 11:25
杉原プロは、自分が家族を養う。お金をおれが稼ぐ
その為には、おれはゴルフをし続けなければならない。

と考えられたとテレビで放送されていました。

稼いで、家族を食べさせる。病気でも加圧トレーニングを一生懸命して頑張っている。
頭がさがります。家族をために。愛のちからだと思います。

Posted by しま at 2009年01月06日 22:40
テレビで拝見しました
ゴルフは詳しくないんですが…
凄い方だということは伝わるもんですね
予選通過できるといいですね。
応援しています~
Posted by ランラン at 2009年03月20日 18:54
とても心打たれる、杉原さんの生き方ですね。
このような方の身近にいると感化されて、自分も謙虚に、真剣に生きようと言うやる気が満々と湧いてきます。
Posted by tarou nakayama at 2010年05月12日 07:46
杉原さんはガンを抑えて頑張られ凄いと思います。友人にガンで運悪く亡くしました、このような人に限ってよい人ばかりです、大変親しくしていました。もう一人の友人も悪いです、…でも杉原さんは元気です、ガンの影も見えない、練習、練習です。明るい、素敵なお爺さんです。いつもニコニコされていいなー、杉原さんの帽子のマンシングウェアのマスコットお似合いです。お爺ちゃん、これからも頑張って!!
Posted by 安田忠雄 at 2010年09月13日 14:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。