2008年04月23日

夏へまっしぐら?

4月の頭には雪が降っていた。朝方は氷点下であった。

2週間後の今、25℃越えだ。
庭には一部雪も残っているのに。

ものすごい勢いで季節が変わるんですなあ、カナダ。

4月に入って、カナディアングースも帰ってきて、ガーガーいっている。鳥がさえずり、リスが駆け回る。
鹿が3頭庭先に来た。子供たちは大喜びだ。

春だなあ。なんてさわやかな。

さあ、雪解けした庭の掃除だ!雪の下に残っていた落ち葉を集める。

そこで目にするのは、鹿とリスの糞が散在...

春だなあ。なんてさわやかな(涙)!
むきになって、庭中を徹底的に掃除してやった。(その後、熱中症でフラフラになってダウン)

さあ、春だ。郊外に出かけよう!

そこで目にするのは、なんだか、わからない小動物のご遺体が道路上に散在...

春だなあ。なんてさわやかな(涙x2)!

どこかでたけしが書いていたエッセイを思い出した。

「人間は実は自然なんて嫌いなんだよ。本当の自然なんて人間にとってはそんな美しいことばかりじゃないし、自然災害だって自然の一部だ。」(詳細失念)

20080420_51.jpg

まったく関係ないが、近所の湖のガソリンスタンド。

まあ、こんな経験もやってみると面白いもんですなあ。










posted by りもじろう at 11:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | カナダの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。