2008年03月25日

激務の3連休

この3連休猛烈に忙しかった。
何が忙しいかったかというと家事である。

普段在宅勤務の妻に家事は頼りがちであるのだが、ここのところ急ぎの仕事が入ってその対応で忙しい。
よって週末は家事と子供の相手を100%私がすることとなったのだ。

一日目は久しぶりの料理などで張り切ってこなした。まあ、何とかなるかなーといった感じであった。

妻に「家事も大変でしょう?」と聞かれても

「まあ、何とかなるよ」

とか言う余裕もあった。

しかし立ち仕事が多いので足が疲れる。


二日目は子供二人連れての買出し。さならが店内を走り回る小動物二匹。

娘1「トイレー」。

娘2「のど渇いたー。」

娘1「あれほしいー。」

代わる代わるの攻撃である。いつもなら家族四人だから一人ずつ対応すればいいので、まだましなのだが、二人同時攻撃は厳しい。


三日目。なんだか、ずっとご飯のこと考えてる。合間に子供の相手、そして洗濯。

定期的に発せられる子供の叫び声と、コップを割る音などの異常音。

うーむ。眩暈が..


料理も佳境に入ってきて、最も忙しいときになって、

娘「これ作りたいけど、どうやっていいのかわかんないっ。ねー。」

私「今ご飯作っているのわかるだろう。後にしろ。ご飯いらないのか?」

娘「ご飯もいるけど、これも作りたいのっ!ねーっ!」

私「....」

やっとの思いで食事を用意したところ、

妻「食事の用意してくれてありがとう」

とか笑顔でいいながら、一口しか食べてないぞ、そのチキン。

失礼な、と思って食ってみると、ゴムのように硬い。うーむ。

昼の焼ビーフンも麺が細切れになって悲惨だったし。

毎日こんな調子で、その上仕事もこなしている妻よ、お前はすごい。
もう感謝感謝である。

もうちょっとまめに料理して腕を上げねばと思った3連休なのであった。

しかし、金曜と日曜は中国人経営の店以外、ほとんど閉まっていた。
そんな休暇に働きまくる我々夫婦も、やっぱアジア人ってことですなあ。








posted by りもじろう at 10:29 | Comment(0) | TrackBack(1) | カナダの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ずっと嫁のターン(その22)
Excerpt: ずっと嫁のターン(その22)
Weblog: Mr.Tの場所
Tracked: 2008-03-25 16:43
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。