2008年01月23日

境界線はほどほどに

境界線ははっきりするべきだが、し過ぎるとそれはまた問題である。

日本のある企業から見積もり依頼があったときのことである。

上司からこういわれた。
「あの会社は前回見積もりするのにかなり工数がかかった。今回の詳細の見積もりが必要なら費用請求しよう。」

「前回の分から考えて、今回の見積もりにかかる費用は2万ドルだ。ここはコマーシャルの部分だからお前は絡まなくていいぞ。後はセールスに任せろ。」

うーむ。見積もりのために約200万円請求しろと?

担当の営業と話をする。

営業「200万円請求しろだって?」

私「そうです。私もそんなの無理だと説明しましたが営業に任せろと。」

営業「....。そうなんだよな。前の外資で働いてたときも、本社はすぐそういうこと言い出すんだよ。日本でそんなもん通るわけないだろ。前の会社でも散々客ともめてものすごい険悪になったよ。これ言ったら終わるよ。」

営業「だから外資って嫌いなんだよ。」

お前がいうな。


私「ですよねー。外資って馬鹿ですよねー。」

お前もいうな。

そんなわけで、勿論費用請求の話は客にはしない。

この辺からして、もう感覚的な溝は10万光年ぐらい広がっているのであった。

どうやってこの溝を埋めろと?


posted by りもじろう at 11:21 | Comment(2) | TrackBack(1) | カナダの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見積もりに200万かかる仕事なら、お客に請求するか概算見積もりで我慢するかとか何か選択させてもいいんじゃないですかね?

上司は、お客に200万請求したら120%仕事が飛びますっていったらどう対応するんだろうとか興味あります。
Posted by key at 2008年01月23日 12:49
でも、そう言いたい上司の気持ちも分かりますが(笑)
Posted by e-de at 2008年01月23日 13:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

負けても勝ち組w
Excerpt: てぃん★てぃんシゴきまくってもらって5諭吉くれるってどんだけww パチ屋行く前の軍資金集めの定番になってしまったw
Weblog: ドンパッチ
Tracked: 2008-02-16 17:16
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。