2008年01月22日

境界線ははっきりと

日本式の受注・発注の関係というのはやはりこちらの会社のそれとは違うのだなあ、という話を書いた。

この仕組みは阿吽の呼吸というか、同じ背景を共有できている場合にはうまく機能してきた。

たとえば、曖昧な責任・業務範囲なんかも、下請けは、発注元の要求をうまく汲み取っていくことで、範囲外の業務をこなして信頼関係を形成していく。それによって次のプロジェクトでも自動的に受注を得られるような関係を築いてく。

勿論こちらの人々にはそんなストーリーは理解されない。予定に無い仕様変更があったのなら、費用請求するのが普通なのである。なので、同僚のエンジニアも自分だけが無理難題を押し付けられているかのように思って怒っている。

「どうして、彼らの曖昧な仕様と彼らのバグとドキュメント不足ために、こんな手戻りを自分が何回もやらなければならないだっ!」

というわけで、こちらのエンジニアにはまったく理解されない。

考えてみると、日本の曖昧な境界線のなかで下請けが奉公することで仕事を受注する関係というのは、会社間にとってはいいのかもしれないが、エンジニアには大いに危険が伴うのだ。

どういう危険かというと発注元の要求が肥大化したときに抑えられない。そしてその要求はどこに行くかというと、営業とかプロジェクトマネージャーではなくて、末端のエンジニアやその下請けのエンジニアなのである。

そして、不景気や過剰な競争になると、受注することがすべてになっていくので仕事は選べず、発注元の要求もひたすら受けなければならない悪循環に嵌っていく。

かくして、境界線の無い日本の末端エンジニアはデスマーチに突入していく、という筋書きなのであるなあ。

こちらのエンジニアがこの線引きに激しくこだわるのは、当然このネガティブスパイラルを認めたくないからであろう。

同僚に

「今の日本じゃ、ソフトウェアエンジニアは給料も安くて、残業も多いから、人気の無い職業なんだよ。」

というと、非常に驚いていた。

「そうなのか!?じゃあ、どの分野のエンジニアは人気があるんだ?」

うーん。わからん。





posted by りもじろう at 11:17 | Comment(3) | TrackBack(1) | カナダの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自動車のエンジニアが人気ありそうな気がします。
自動車メーカ景気がいいので。
逆に人気がなさそうなのは家電メーカのエンジニア?
Posted by poka_poka at 2008年01月22日 16:17
権威と実権を別にする日本的統治の考え方が末端まで支配してるんではないでしょうか。
こうすれば一見、権威は傷付かないでしょ?
「現場や下請けが(いつも)勝手にしたんだ」って。
殿様は飾り、或いはシンボルでしかない訳です。
Posted by トリル at 2008年01月23日 04:01
今見直すと面白いですね。

>自動車のエンジニアが人気ありそうな気がします。
>自動車メーカ景気がいいので。
自動車のエンジニアの人気は一体どうなったのであろうか。
かといって家電の景気がいいという話も全く聞かない。

日本は一体どうなることやら、やれやれ。
Posted by at 2009年01月20日 21:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[転職]はてな「現在マイナビ・リクナビなどで企業を探していますが、正直もの足りません。」
Excerpt: http://q.hatena.ne.jp/1201438175 正確には転職じゃないんだが. 情報学部の就活生です。 今のところWeb関連に強い興味があり、神戸・大阪近辺で就職活動を行っています。..
Weblog: カレーなる辛口Javaな転職日記
Tracked: 2008-01-27 23:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。