2007年11月16日

オタワ人のフランス語

オタワは首都であり、ケベック州と川を跨いでの距離にあるため、まともな職業につきたい人は公用語である英語・フランス語のバイリンガルでなければならない。

よって英語圏の人たちのフランス語の習得方法については、外国語学習の一つのケーススタディになるかと思う。

まずEarly French Immersion プログラムの場合、5-6歳から学校の全ての教科を100%フランス語で行う。3年間は100%フランス語で行い、段階的に英語での授業を増やしていく。12-14歳で50%となる。国語としての英語の授業がある。

Late French Immersionの場合、13歳以降でフランス語での授業となり、最高75%がフランス語で行われる。

その中間にはMiddle French Immersionというのもある。

他にCore FrenchプログラムというImmersionでない編成もある。
この場合、一日40分のフランス語の授業がある。主にOral Frenchを学ぶのだ。
上の娘はこれだ。これでも3ヶ月にして、フランス語のアニメ番組で言葉をある程度拾っているから恐ろしい。

日本語と英語の距離と比べれば英語とフランス語の距離は近いだろうと思うが、それでもこれぐらいのことが必要なのだろう。

日本でも小学校から英語の授業が取り入れられつつあるようだが、5,6年生で週に1回程度だ。

オタワのやり方がいいなあと思うのは、選択肢が色々ある、ということに尽きる。

親と本人がどういう授業を受けたいかを考えて、選べるようになればと思う。

やはり日本語が大事、という人は英語の授業など受ける必要はないし、英語を学びたいと思う人には、100%英語での授業というのもありだと思う。

例えば、地方自治体などで、そういう多様な仕組みを率先して導入すれば、地方の特色が出て、人も集まる可能性があると思うのだがなあ。



 


posted by りもじろう at 12:42 | Comment(3) | TrackBack(1) | カナダの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実際にイマージョン・プログラムを実施している公立小学校は存在しますよ。数はほんとに少ないですが。
第二外国語教育としてイマージョン・プログラムが注目されはじめてまだ日が浅いので、既に実績を上げているところとなるとかなり限定されてしまいます。それでもいくつかの私立中高では数年前からイマージョン・プログラムが導入されて、論文も出てきています。ちょっとググれば出てきますよ。
Posted by at 2007年11月16日 13:53
問題は日本の場合、日常的な英語環境が整っていない為、親がその進度を確認し辛いのではないでしょうか。本文にあるような、仏語のアニメを、というような事は日本では難しいと思います。親自身も英語が解っていない人が殆どの筈です。日本の社会自体がそれを発動出来る受け皿となっているのかどうかが疑問だと思うのですが、如何でしょうか。
Posted by ソニー at 2007年11月18日 06:19
世界に誇る日本のブロードバンド環境を活用すれば、英語漬けの環境は意外に簡単に実現できるのではないかと思います。

オススメは時事問題をリスターが電話でパーソナリティと話すTalk Radioです。例えばNZであれば、RADIO LIVE (http://www.radiolive.co.nz/) がオンラインで聞けます。ウェブサイトでどういう話題が話されているかも確認できますし、現地の新聞のサイト New Zealand Herald (http://www.nzherald.co.nz/)を併用すれば完璧です。生の英会話をすきなだけ無料で聞く事が出来ます。

逆に、せっかく海外に来ても、会話もおぼつかない段階では英語漬けの環境はなかなか実現できません。ワーホリなどで一年滞在し英会話学校に通ってもあまり上達しなかったという話も聞きますが、さもありなんという感じです。
Posted by 怪走紳士@ワゴン三世 at 2007年11月24日 08:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「少年よ大志を抱け」は誤訳
Excerpt: 日本の英語教育を考えていて思い出した話。 あるセミナーに参加した時に"Boys, be ambitious!"を「少年よ大志を抱け」と訳したのは誤訳だという話がありました。確かに変な訳、というか..
Weblog: ひろきち劇場DX
Tracked: 2007-11-17 16:55
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。