2007年11月08日

海外生活での必需品?

海外に移住してみたいが、xxが無いのは困るので..
という人も多いかもしれない。

そのxxの代表的品といえば、こちらだろうか。

washlet.jpg

シリコンバレーぐらい日本人の多いところだと売っているらしいが、オタワぐらいになると手に入らない。

そこで、引越荷物に入れておいた。うまく使えるかはまったく不明だったが。

家の4つのトイレのうち、ゲスト用と子供用のトイレに、持ってきたTOTOとNationalを導入してみた。

どちらも便座は難なく設置できた。

問題は配管系であった。
同梱の配管では規格が合わなかった。

ただ、こちらの給水管からの分配用とそこからの接続用の管は専門店で入手できた。

TOTOの場合いたってシンプル。

TOTO.JPG
Nationalの場合、便座への配管がメーカー独自の仕様のため、少し複雑。
National.JPG

あと、気をつけたいのが、こちらのトイレは便座がシャワーと併設のため、電源が取りにくい。
このため、配線の取り回しはちょっと大変だ。
これがウォシュレットの普及を妨げている原因の一つかもしれない。

さらに、念のため変圧器500Wをかましておけば安心。
(掃除機、炊飯器の類は変圧器無しでも今のところ問題なし)

というわけで、ウォシュレットが無くて海外移住(北米限定)を躊躇している人は、これで問題ないです!



posted by りもじろう at 11:29 | Comment(1) | TrackBack(0) | カナダの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。面白いブログですね。あまりみんながかじらない所をかじってみます。日本では今おしりかじり虫が子供たちの間で流行っています。

いわゆるウォシュレットはカーナビに続いて私にとっても生活必需品です。でも個人的観測ではTOTOよりもINAXの方が洗浄力より誘発度合いに優れ、大変お気に入りです。装置自体は私も引越ししたときに取り付け経験があるのでそう難しくはないのですが、配管は厄介で、私の場合老朽化したタンクだったため漏水し結局プロの水道屋を呼ぶ羽目になりました(><)
それ以来教訓として水周りは「餅は餅屋」で行くことに決心しました。
Posted by kehi at 2007年11月27日 16:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。