2007年10月31日

暖炉

天気予報によると11月になると朝方は氷点下になるようだ。

なので、家にある暖炉がちゃんと使えるか確認を行った。
(まあ、暖炉など使わなくとも家の全館暖房で問題ないのだが。)

家には二つ暖炉がある。
一つは、薪をくべるタイプ。掃除が大変なので使いたくない。

薪

で、もう一つは、ガスのタイプだ。

ガス

こちらがちゃんと着火するか、確認してみようかと思った。

種火

ん?

すでに何か種火が燃えている..
妻に聞いてみたが、知らないという。

うーむ。
いつから燃えてたんだ?

急いで不動産弁護士に問い合わせてみる。

「あー。種火ね。普通つけっぱなしだよ。」

私「え、夏中も?」

「そうだ。」

私「それ、エネルギーの無駄でしょう!昨日消そうと思ったけど、うまく消せなくて。壊れてるのかな?」

「ああ、それならガス屋に頼んでやってもらったほうがいいよ」

うーむ。
調べてみると、オレゴンでこのねたのブログを見つけたので北米の寒い地域的には特別な話ではないらしい。


デフォルトつけっぱなしって。カナダ人、大らかすぎ。
夏エアコンしながら、暖炉に火をつけてるって、どんな贅沢ですか。

さすが産油国は違うぜ。




posted by りもじろう at 10:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | カナダの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。