2007年10月16日

LとR

私はLとRの違いが識別できない。

とりあえず前後の文脈で話しをし、理解するしかないと思っている。

昔から何度となくネイティブの友達にからかわれているネタなので、もう気にせずやっている。

ある日、職場のフランス人のジョーク。

「日本人はLとRが区別できないんだよ。だから日本では

Presidential Election と Presidential Erectionは同じなんだ」

全員、大爆笑。
私、苦笑。(殺す!)

意味は文脈から分かるだけに余計腹立つぜ。


そして最近、こちらの小学校に行って1ヶ月半の上の娘に、

「だから、『R』」

私「あーっる」

「ちがう、『R』」

私「あーぅ?」

「全然違う」(すごい馬鹿にした感じで)

...うーむ。無理。

しかし、5歳ぐらいだと一ヶ月もすれば難なく理解できる音が、こちら10代から何十年やっても習得できないのである。
多分一生無理。

やっぱり、その歳その歳で学ぶべきことがある気がするなー。
そのタイミングを逸すると大変なのだ。

くー。ムカツクやつめ!、と思いつつも、ちょっとうれしい父なのであった。



人気blogランキング


posted by りもじろう at 11:09 | Comment(2) | TrackBack(1) | カナダの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
文字の音声識別が出来なくても、仕事が出来れば良いじゃないですか。ちゃんと稼いで家族が暮らせるなら。

因みに、Rは舌を奥へ曲げて、上顎に付かない状態で、「あー」と言えば、発音出来ますよ。「る」の事は気にしないで下さい。
Posted by ソニー at 2007年10月17日 06:59
分かります。そのもどかしさ。
さらにthとs。なかなか手ごわい。
でも、日本語を勉強しているcanadianがいいことを言ってくれました。
「日本語は音が少ないから完璧に近い言語だと思う」と。
英語みたいにいろいろな音を駆使して会話が成り立つ言語は日本語に比べて無駄が多いということ。
それを言われて少し誇らしい気持ちになりました。
Posted by ひろ at 2007年10月17日 07:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

国家の品格 (新潮新書)
Excerpt: 日本人の一番の長所である感性について、これまでの歴史を語ったりしながら、見事に分析されて論理的に語られている。今後の日本のあり方がしっかりと詰まっている。資本主義、マsコミ、武士道、愛について、文学と..
Weblog: 政治の感想
Tracked: 2008-01-17 07:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。