2007年08月08日

ありえる話

昨日のエントリーで、「ありえない」とか「絶句」とか「詐欺だろ」とかのコメント・トラックバック・メールをいただいた。

まあ、日本の常識では当然であろう。
同じ値段を出しても日本では都心へ通勤30分の物件はこんな感じだし。
Japart.gif
約70平米の築20年以上の中古マンション。


が、こちらでは2000万でも、
2000.jpg

4000万で、
4000.jpg

6000万で、
6000.jpg

といった具合の一戸建てが買えるのだ。
(勿論立地とか設備とか住宅の状態で価格は変わる)
このぐらいの価格帯なら30代で家を買う日本のサラリーマンとしては普通であろう。

各物件の価格は先に紹介したmlsで調べれば一目瞭然である。

というわけで、騙されているわけでもつりでもなく、オタワでは普通の話のようである。

不動産売買も至って簡単であった。
売る側と買う側でそれぞれ弁護士が入って取引を行う。

弁護士に払う取引手数料も明朗会計で、保険から電気・ガス・水道の手配までやってくれた。

ところ変われば、常識も随分違うのであるなあ。




タグ:不動産
posted by りもじろう at 10:57 | Comment(1) | TrackBack(2) | 移住準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、
海外進出おめでとうございます。
奥様のBlogともども読ませていただいてます。今回の記事でカナダは不動産相場がまだ、「いけるな」と感じました。ゴルフ場が隣接し、眺めがよい物件を選んだのもなかなかだと思いました。私もたぶん選ぶでしょう。

今後も楽しい記事を期待しています。
秋には美しいカナダの紅葉をUPしてもらえるとうれしいです。では。
Posted by セクスィー部長 at 2007年08月18日 19:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

海外生活って何?
Excerpt: 知り合いから教えてもらったあるブログに「ありえる話」という記事があがっていた。 ようするに「同じ金額投資で何倍も広くて使え物になれる家が買える」という話である。 全く同感...
Weblog: 社長の生活日記@カナダ
Tracked: 2007-08-08 13:04

[転職]奴隷国家日本
Excerpt: http://remote.seesaa.net/article/62499486.html 「ドラマみたいに出世して、家を買って、嫁を専業主婦に出来るか」 という強迫観念にとりつかれたような人間が..
Weblog: カレーなる辛口Javaな転職日記
Tracked: 2007-10-28 20:58
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。