2007年07月31日

家探し

カナダに着てからしばらくは家族でホテル暮らしだ。

すぐに家を見つけなければならない。

しかし、子連れでは限界もあるだろうと思って、すでに手を打っていた。
以前カナダに出張があったときに、会社が紹介してくれた不動産屋と家を見て回っていたのだ。

ダウンタウンのアパートから郊外の一戸建てまで選択肢はあるのだが、一戸建てを中心に見て回った。
せっかく移住するんだから、ゆったりした家に住みたいものである。

新築、築数年から何十年もするものまで、40戸以上見て回り、写真を撮りまくって妻に送った。

新築を除いて、ほとんどの家はまだ人が住んでいる。
住人が寝転がってテレビを見ている横で家の中を物色したりする。

荷物そのままのクロゼットから、トイレ、ガレージまで写真を撮りまくりであり、プライバシーなんてもんはまるでないが、どの住人もまったく気にしないようだ。
そして、どの家も大変きれいに家具や装飾品が飾られていて、モデルルームのようだ。

家に対する意識がやはり日本とは違うらしい。


どの家も地下室がある。

イタリア人の家では、地下がワイン工房になっていて笑った。しかも地下に家族のための実用のキッチンがある。
1階のキッチンは見せる用なのだとか。

新築や新興住宅街の家は小ぶりで隣とも近い。
一緒に回った不動産屋が面白いことを言っていた。

「この家にはプールがあるけど、周りを家に囲まれているでしょう?こういうプールをFish Bowl(金魚鉢)っていうのよ!
まわりから泳いでいるところが丸見えだからね!」

「この新築住宅は隣との間隔が狭いでしょう?デベロッパーがいかに利益を出すかってことで最近はこういうレイアウトになっているのよ。
こういうのを、cookie cutterっていうのよ。」

クッキーをなるべくたくさん取るためにうまく型を取るってことか、なるほど面白い。

新興住宅は家は綺麗なのだが、植えられている木も細く、庭も殺風景なものが多かった。街に趣きはない。

ヨーロッパの人が古い住宅を好む理由が少し分かった気がしたのだった。




タグ:不動産
posted by りもじろう at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 移住準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。