2007年06月21日

ワークビザ申請時の注意点

カナダの会社紹介の移民弁護士が使えん。
ワークパーミット等の申請のため、会社が契約している弁護士なのだが。

その弁護士が必要な書類一覧リストを出してきて、それを送れといってきたのだが、見ると学歴に関する書類がリストから漏れていたので、入れておいた。

一通りそろった書類を弁護士宛に送付してから、書類の一部に不備があるのを妻が見つけた

それを指摘すると、

「それも必要です。」

と暢気に言ってくる。

というわけで慌てて送った。

さらに、よくよく見てみると同伴家族の写真も必要だとカナダ移民局のサイトに書いてある。

そのリンクをつけて、

「同伴家族の写真も必要と書いてあるが、いらないのか。」

と弁護士に聞くと、

「それはいりません。」

と断言してきた。
専門家が断言するのだから、間違いないだろうと思ったが、不安に思った妻が用心のために大使館に問い合わせたところ、やはり必要だという。

すでに書類一式、弁護士から大使館に送られた後だったので、こちらから大使館に直接送ることとなった。
これで一緒に処理してもらえるかは不明だが。


移民弁護士なんて、それが専門のくせに、なんでそうも抜けがあるんだろうか。
ちゃんとテンプレートとか作っておけば間違いようもないと思うんだが。

しかもこっちからの指摘をご丁寧に否定しておいて、それが間違っているなんて。


妻は、

「こんなことなら最初から全部自分でやったほうが、確実。」

と激怒している。

とはいえ、妻の潔癖というか、やや神経質な性格のおかげで、今回の書類の不備を補うことができたわけだ。
私だけだったら、弁護士に任せっきりで特に疑いもなく、きっとぎりぎりになって大騒ぎになるところだった。

こういうとき、パートナーと補完できる関係というのが重要なのであるなあ、と思った次第だ。

とにかく専門家といえども、まったく信用できないのである。
自分で雇っていたら、即刻クビにするのだが。

これから申請しようという方で、移民弁護士を使う場合は、注意したほうがよいでしょう。




posted by りもじろう at 20:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 移住準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ども〜〜〜、エゲレスのユーコです。ええ、わたしよ、わたし!思わず書き込みしたくなりますた。
思うに、そんな人でも移民弁護士が成り立つようなとてもゆる〜〜い体制なんじゃないかと。そんなにぎちぎちしてないってことだと思いまする。だからきっと書類に不備があっても、通っちゃったりすることもあったりするのかも(エゲレスでは大いにありうる)。ま、追加のリクエストとか来たらめんどいけど。でも、そんなゆるーい社会だってことは、それは、裏を返せばりもじろうたちにとってかなり良いこともあるかも知れませぬ。こっちがちゃんとしてなくても許されることがあるってことだし。だから結構リラックスしていても大丈夫なんでしょう。
移住準備佳境に入って大変そうですが、奥様ともどもどうかお体に気をつけて頑張ってくださいませ。
Posted by ユーコ at 2007年06月22日 18:22
これはこれは、ユーコさん、コメントありがとうございます。

仰るとおりで、本社の人事も、上司もゆるーいです。
なので、日本人持ち前の勤勉さ、正確さを打ち出していけば、彼らには負けないかもなー、と変な自信になったりしてます。

まあ、自分もあっという間にゆるーい人間になってしまうかもしれませんけどね。
Posted by りもじろう at 2007年06月25日 21:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。