2007年05月01日

ジャパニーズドリーム その3

日本能率協会が出している指数も面白い。
2007年度 新入社員「会社や社会に対する意識調査」というやつだ(pdf)。

実力主義と年功主義の会社のどちらが魅力的か、という問いに対して、

2003年
実力主義 73.5%
年功主義 23.2%

から

2007年
実力主義 48.3%
年功主義 49.1%

に変化している。特に2007年度は大きく年功主義派が伸ばしている。

仕事氷河期の世代の「仕事を優先する」「どちらかといえば仕事を優先する」が、44.1%だったのが、34.2%に減少し、
「生活を優先する」+「どちらかといえば生活を優先する」というのが、15.1%から20.7%に増えているらしい。
これはバブル期のレベルに近づいているのだという。

個人的には、仕事優先と実力主義は同列ではなく、生活優先だが、実力主義、というのも成り立つように思うし、そうあってほしい。

ジャパニーズドリーム その2で触れたような意識というのは今の高校生だけでなく、新卒あたりまで共通なようだ。


一方で、今朝駅前でメーデーらしく、プラカードとビラでデモをやっている数人のおじ様、おば様を見かけた。

XX社は、

「雇用を確保せよ!」
「再雇用せよ!」

とか

「リストラ部屋を撤廃せよ!」

とかやっていた。

ビラには、

「リストラ部屋に入れられて、会社は仕事を探してくれない」
「不当にボーナスを下げられた」

とか不平不満が一杯であった。

すごい苦労されているのだとは思うが、自分の能力を正当に評価してくれない会社なら、こっちから願い下げで他に行ったらいいのにと思う。
そこまで喧嘩して、どうにかこうにか仕事に在りつけても、結局楽しくやれないように思うんだが、どうなんだろうか。





posted by りもじろう at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ランキング・指数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。