2007年04月17日

十社十色

垂直統合型の前職では、どちらかというと他社から個々の技術を買ってきてそれを元に最終製品にし、ブランド力で売っていくということが多かった。

今の水平統合型の仕事では、そうした垂直型の会社に技術を売って、売り上げを立てている。
というわけで、日本企業は大事なお得意様なのである。

早速、何社か訪問する機会を得た。
日本にいる間に、出来るだけクライアントを訪問してこいということだ。

都内のある会社に行った。
フロア中が作業エリアとなっていて、PCや色々な機材が所狭しと置かれている。担当エンジニアや、派遣社員がそこでひしめき合って作業をしている。

自分の席やパーティションなどない。
マシンのせいで異常に室温が高い。
おっさんばかりで、やけに汗くさい。
なのに、皆スーツを着たままだ。

そんな環境に誰も文句もないように、黙々と画面に向かって作業をしている。
いくつかの画面にはアニメのキャラクターがでかでかと映し出されている。

うーむ。熱い。くさい。早く出たい。


別の会社は、古い工場だった。

全員古めかしい灰色の作業服を着ている。壁は黄ばんでいるし、作業机も昔の職員室のようで、タイムスリップしたような錯覚さえ覚える。

この会社の方々は、皆にこやかで、素朴な印象だった。
自分たちの製品に誇りを持っている。自分の会社がすごく好きなようだ。
こんな世界がまだ残っていたのか、という驚きがあった。

なんか面白い。
カナダの会社に勤めることで、色々な日本の会社の様子を垣間見られるなんて。

今までにない経験が出来そうだ。


 




posted by りもじろう at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。