2007年04月02日

アーリーイマージョン

カナダのオフィスで知り合ったエンジニアと飲みに行った。

彼は中国系カナダ人だ。
4-5歳の頃、中国から移住してきたのだという。

うちの上の娘は、この夏から彼と同じ境遇になろうとしている。

カナダの小学校では、フランス語をすぐに学びだす(アーリーイマージョン)か、まずは英語中心で勉強しておいて後でフランス語を勉強するかを選択できるらしい。

当然英語もままならない娘にとって、いきなりフランス語もないだろうと思っていた。

彼が言うには、

「自分もそういう境遇だったが、今振り返ると一緒に英語もフランス語もやっておいてよかったと思う。
大きくなっていくと受験とかやることも増えるし、負担も増えるよ。そんなに大変だった記憶もないし。」

なるほどそんなものかもしれない。

「あと、一般的な話とは言えないけど、個人的な見解としては、アーリーイマージョンを選ぶ子供のほうが学力が高い気がするね。
だから、友達とか考えるとアーリーイマージョンのほうがいいと思うよ。」

なるほど。
彼自身がそういう環境で育ってきただけあって、説得力がある。

悩む。

ちなみにこの彼は中国語2ヶ国語も出来るので、全部で4ヶ国語できる。

「最初、英語以外は中国語だと思っていたから、フランス語のクラスで一生懸命中国語でしゃべってたんだ。」

笑える。
そして、日本のアニメ、漫画、ドラマにすごい詳しかったりするのだが、日本語は出来ないのであった。



人気blogランキング


posted by りもじろう at 13:03 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
http://blog.livedoor.jp/ofisu/archives/53490314.html
に関連記事としてリンクをはらせてさせて戴きました。

Posted by レンタルオフィス at 2007年04月02日 13:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。