2007年03月06日

グローバリゼーション

最近、「なんとも、グローバリゼーションだなあ」と思ったことがあった。

転職、移住準備に忙しいなか、なぜまたXMLの認定試験を受けに行ったりしていたのか。

転職のためにいくつか認定試験を受けてみて、今さらながらわかったのは、基本から体系的に全体像を掴むのにこうした試験勉強が非常に効率的だということだ。
なので、今後もコンスタントに認定試験を利用して勉強を続けていこうと思っていた。

そんな折、面白い依頼があった。

「XMLの対策問題集を作るので、問題作成を手伝ってもらえないか。」

というのである。
当然ながら、その認定を取得しておくことが前提である。
試験の受験料も払うという。そして一問あたりいくら、という契約である。

これは面白い。

自分で金を払ってでも勉強をしようと思っていたことなので、快諾し、急いで受験したというわけだ。


さて、何がグローバリゼーションだなあ、と思ったかというと、この依頼してきた会社がインドの会社なのであった。

IT立国じゃなかったのか、インド。
インド人が日本人に仕事出すってどうよ。

確かに報酬としては安い。
安いが、インド人にとっては結構いいんじゃないだろうか。

インドでもITエンジニアが不足しつつある、というニュースを読んだことがある。

そんなわけで、世界を超えて仕事がまわる時代なのだなあ、と実感した次第だ。

そして妻には、「この忙しいときに何やってんの!」と怒られているのであった。


人気blogランキング






posted by りもじろう at 06:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。