2007年02月28日

子供の幸福度(リレーションシップ編)

引き続き、子供の幸福度のリレーションシップ編。

下記の指標を元に作られている。
・家族構成 
片親だけと暮らしている子供の割合
複合家族(義理家族)と暮らしている子供の割合

・リレーションシップ
食事(main meal)を週に一回以上親と一緒に食べている割合
親と子供が話しをする時間(time 'just talking')を持っている子供の割合

・仲間関係
11, 13, 15歳で、仲間は親切で助けてくれる(kind and helpful)と思っている子供の割合

relationship.jpg
ニュージーランド、日本はない。
カナダはあまりよくない。
イタリアは、イメージ通りだ。

以下は、片親だけと暮らしている子供の割合。
singleParents.jpg
アメリカだんとつ。
次は複合家族(義理家族)と暮らしている子供の割合。
stepfamilies.jpg
これまたアメリカが多い。

以下は、食事を週に一回以上親と一緒に食べている割合。
mainmeal.jpg
イタリアさすがだ。
日本も思っていた以上にいい。
ニュージーランドだいぶ少ないぞ。

次は親と子供が話しをする時間を週に何回か持っている子供の割合。
justtalking.jpg
アメリカはこれはまあまあいい。
日本は中庸。
ニュージーランド、カナダは平均以下。

最後は、11, 13, 15歳で、仲間は親切で助けてくれる(kind and helpful)と思っている子供の割合
peersKind.jpg

ニュージーランド、日本はデータなし。

カナダとアメリカって同一視しがち(というかアメリカの一部のような)だが、こういう指標をみると全然違う国に見える。


人気blogランキング
posted by りもじろう at 11:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ランキング・指数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34904742

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。