2007年02月20日

IT系の英語版試験の受け方

IBMのXML認定試験を受けるときに、ちょっと苦労したので、そのTipsを。

基本的にこの手の試験を受ける方法は2社が提供しているようだ。
PeasonVUE
(日本のピアソンVUEはこちら
Thomson Prometric
(日本のアール・プロメトリックはこちら

まずは試験会場の多い、アールプロメトリックのサイトで調べてみた。
IT系からIBMへたどるとXMLの検定試験が出てきた。
が、Test 141という一つ古いタイプしか出てこない。日本語化対応が出来ていないようだ。
肝心の142が見つけられない。英語の試験メニューがないのだ。

仕方なく、ピアソンVUEのほうを探してみた。
Test 142が出てきた。おお、あった。

しかも前日での申し込みも可能だという。アールプロメトリックだと平日3日前じゃないといけない。

ある程度勉強をして、明日受けてみよう!と思って申し込んだところ、会場の選択のところでエラー。どこの会場も受け付けてくれない。
仕方なくコールセンターに問い合わせたところ、

「至急、アメリカの本部に問い合わせます。返事が着たらすぐに連絡します。」

で、3日ほど待たされて、返事が来た。

「担当者から返答がありまして、弊社でこの試験は配信されないという事でございます。」

なんですと。

今まで、ピアソンVUEでは日本で誰もこの試験を受けてなかった模様。

「日本で配信していない試験も表示されます。」
この一件以来、日本語サイト上に、このメッセージが激しく表示されている。


仕方なく、アールプロメトリックのほうをもう一度、チェック。
やはり日本語版しかない。

が、ログインしてみると、

「英語」「日本語」

の選択ページがあった。
もしかしてこれで出てくるかも、という予測の通り、英語ページから142が出てきたのであった。

あーよかった。
しかし、英語版だけの試験も通常メニューに入れておいてほしい。

というわけで、英語版受験の方はご注意を。


人気blogランキング








タグ:資格 IBM xml
posted by りもじろう at 09:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。