2007年02月15日

上司と面談

早速、上司に時間をもらって、面談した。

私「最近も部長レベルにプレゼンする機会があって、色々話をしてみたんですが、やはりここでソフトウェアエンジニアとしてキャリアを見出せないんです。」

上司「と言っても、他の部署も似たり寄ったりだけどな。」

私「ええ。ですので、ちょっと転職を考えています。」

上司「ああ、そうか...」

そんなに驚くことも、批判的なことも言われなかった。
ここ数ヶ月で3人も課からいなくなったので、半ば諦めの境地か。

この人は、部長レベルに理解がないことを一番感じ取っている。
一番の推進派だった直属の部長が亡くなった後、課長でありながら、その代わりを務めてきたのだった。

辞める話をするのは、大変忍びなかった。

しかも、親身になって話を聞いてくれた。
いい人だ。

この人が上司じゃなかったら、もっと早く辞めていたかもしれない。

すんません!


人気blogランキング




posted by りもじろう at 09:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 移住準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。