2007年01月24日

企画書の行方 その2

企画書の行方はどうなったか。

事業部No.2のおっさんからの指示で、その一段下のレイヤーの人々にプレゼンをして、どう実行していくか議論しろ、ということになった。

そろったメンバーは

ビジネスプランニング系の
G部長、I部長、H部長、A課長

で、私に企画書を書かせたS部長。
と私であった。

プレゼンの途中、時折ずれた質問が入った。
不安を覚えつつも、終盤に差し掛かった。

H部長「ああ、なんとなく分かってきた。」

今頃か!

G部長「xxという意味はどういうことですか?」

今頃そんな質問か!

A課長「なんか、ピンとこないんですよ。」

私「すいません。何が分からないのか、分かりません。」

普通はこういう失礼な返答はしてはいけない。

A課長「そうなんだよねー。ITの人にしたらそう思うだろうねー」

H部長「そうそう、私なんか最初の30分何の話か全然分からなくて」

ITの人て。じゃあ、何の人なんだ、お前ら。

I部長「これは進めなきゃいけない話だと思いますよ。」

お!分かってるのか。

I部長「でもうちは、わかる人材がいない。進めるのはかなり難しいでしょうね。」

でた。何年も前から同じ議論だ。
必要だと思っているなら、手を打てよ。

A課長「私もいいとは思います。ただ、これを進めるには、もうちょっとイメージしやすいものでないと。上の人が判断が出来ないですね。」

私「何が分からないのか分かりませんが、こういう話が分からない人がデシジョンするんでしょうか?」

繰り返すが、通常はこういう失礼な返答はしてはいけない。

A課長「そう言うと思ったよ。はっはっはー。でも、そうなんだ。」

H部長「どういうビジネスモデルで儲けていくか、そこを考えてもらいたいな。」

それは、ビジネスプランニングの仕事じゃないのか。そこまでエンジニアに求めて、お前らは何をやってるんだ?

うなだれるS部長。
「分かりました。まだまだ検討不足です。すいません。」

ここで、すかさずカウンタープランが出せないS部長も弱すぎる。

いやー。面白い。
想像以上に、無知で、古臭い人々の集団が物を決めているのが実感できた。

ありがとうS部長!

しかし、もうちょっと勉強したほうがいいと思うぞ、マネジメントの人々よ。


人気blogランキング





posted by りもじろう at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。