2007年01月19日

企画書の行方

その後、アメリカ赴任の話はどうなったか。

このとき書いた企画書について、プレゼンをやれ、という話になった。

プレゼンする相手は、なんと事業部No.2のおっさんだという。
知らない間に、えらい話に発展していたようだ。

この企画を書けといってきた部長と共に、お偉いさんの前に呼ばれた。
ゴルフのトロフィーとか、そのときとった嬉しそうな写真とか飾ってある、絵に描いたようなお偉いさんの応接室に呼ばれた。

しかし、この状況で自分でも驚くほど、緊張しなかった。

企画の内容を説明した。
ところどころで、おっさんからの鋭いツッコミと質問が入る。
残念ながら二年ぐらい時代遅れの反応で、「今更何ずれたことを」とは思ったが、淡々と答えておいた。

すると、驚いたことに結論はこうだ。

「こういう企画を来期の事業計画に是非盛り込んでもらいたい」
と乗ってきたのだ。

「xx部長、この内容をもう少し深堀して、どうビジネスとして成立させるかを考えてくれたまえ」

うーむ。なんだこの展開は。


人気blogランキング



posted by りもじろう at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。