2006年11月10日

マネージャーの決断力

その後、グレッグと若手のエンジニアが来日してきた。

デモしてもらった製品は二人で作ったのだという。

「優秀なソフトウェアエンジニアの生産性は、普通のソフトウェアエンジニアの100倍以上」
とビルゲイツが言ったというが、まさにそんな感じだ。

かといって、日本の若手エンジニアのスキルが劣っているというわけではない。
いなくなった前任者から引き継がれた巨大なスパゲティコードのおかげだ。

そこに新規機能を追加しろという話が次々来るので、どんどん肥大化しているというわけだ。
開発効率は勢い悪くなる。

グレッグたちは何をしに来たかというと、
自分たちで積極的にツール、ソフトを作って顧客に展開したいので協力してほしい、
ということだった。

「御社でうちの製品と同等のものを作ろうってことですか」
と私は聞いてみる。

「いえいえ、決してそうではないです。
御社のソフトは大変すばらしい。
すばらしくて、機能が満載です。
我々が相手をする顧客には十分すぎるのです。
そのため、シンプルなソフトを作りたいのです。
御社のマーケットを損なうのではなく、より幅広い顧客に対応できるようになります。」

すばらしい回答だ。

マネージャーたちは、

「いいね、うちのハードとかシステムも新しいマーケットに広がる可能性がある」

と納得している。
サポートしていく方向で話がきまった。

だが実際のところ、うちのソフトは肥大化していて、カスタマイズが難しく、対応が遅い。
扱いにくいので手を切りたいのが本音だろう。

正しい判断である。

本来ならば、いつまでも古臭いアーキテクチャのコードを引きずって、こんな状態になる前に、見直しが必要であったのだ。
若手のエンジニアは皆わかっていた。

だが、若手エンジニアは残業、休出の日々である。
自らの仕事がさらに増えるようなことを進んで言い出す訳がない。
やっつけ仕事で済ませようとする。

リリースタイミングを交渉してでも、マネージャーが積極的にアーキテクチャの見直しを働きかけていく必要があった。
しかし、管理業務中心のマネージャーにその判断は出来ない。

ソフトウェア開発がボトムアップだけでは限界があるのは、このあたりを見ても明らかだ。

そこはグレッグはさすがである。


マネージャーはこうありたいものだ。


人気blogランキング




posted by りもじろう at 10:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーん、確かに改造するのは大変ですよね。いいトコ取りで模造するほうがはるかに楽ですもんね。しかし、もともと製品を創造した人はすごかったんでしょうねぇ。

前記事、凍った空気にはつい笑ってしまいました。英語ネイティブのコード打ったり読んだりする能力は、驚きます。管理職でも、まるで新聞記事流し読みするみたいなスピードでコード読むし、間違いもすぐ見つけるし。スペルで凡ミスしないし(笑)

がんばってくださいね!またきます。
Posted by たかお at 2006年11月11日 07:04
たかおさん

コメントありがとうございます。
やっぱり、そうですよねー。その上、非常に論理的に、英語で捲し立てられるし。

またのお越しをお待ちしています。
Posted by りもじろう at 2006年11月13日 10:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。