2006年10月30日

自転車通勤の理由

自転車で通勤していることを以前も書いた。1 2 3

そこで書いたとおり、健康の理由もあるし、通勤時間の短縮化という面もある。

もっというと、電車に乗るのが嫌いなのである。
おっさんと触れ合うのが嫌なのである。
風邪を伝染されるのがいやなのである。

ピーク時の通勤電車の乗車率というのは異常だ。
異常だと誰もが思うことなのに、いつまでも変わらない。

これにたいして、鉄道会社は、ピーク時の鉄道輸送量が限界なのだという説明をするだろう。

しかし、これはうそである。

理由は簡単だ。
鉄道会社がオフピーク通勤を推進している。
推進しつつ、オフピークになると、電車の本数を激減させるのだ。

なので、結局、大して空いていない。

全車両2階建てにしてもいいはずだが、それもない。

つまり、死なない程度の乗車率200%とかを目標にダイヤを組んでいるに他ならない。

かつて「普通鉄道構造規則」というのがあって、「乗客定員は、座席定員+立席定員を超えてはいけない」と書かれていたらしい。

それが、2001年に「鉄道に関する技術上の基準を定める省令」というのに変わって、定員という文字は無くなったというのだ。

訴えられる前にロビー活動して、改正されたくさいではないか。

死なない程度に詰め込めれば、利益率が高い。誰でも簡単に思いつく話だ。
豚か、奴隷を運ぶのと同じ発想。

女性専用車両というのは、女性のために鉄道会社が作ったと考えるのは大間違いである。
この異常な混雑こそが問題だということから、目をそむけるために作ったものに違いない。
十分な距離感が保てる電車では、痴漢する人間は減るだろうが、それはコストがかかるのでしないだけだ。

海外で女性専用車両が取り入れられているのは、Wikipediaによると
韓国、台湾、フィリピン、タイ、インド、パキスタン、インドネシア、イラン、ロシア、ブラジル。

宗教上の理由とか、いかにもラッシュのひどそうな発展途上国だけに見える。

日本人は我慢強い。



人気blogランキング



posted by りもじろう at 10:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。