2006年10月27日

いまさらの英文法書

CD BOOK 中級からの英文法
CD BOOK 中級からの英文法大島 さくら子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


出版されたばかりのこの本を買った。
本屋に平積みされていた。

私は日ごろから、英語学習には王道なしだと思っている。
地道に学ぶしかない。

勿論、それを手助けするためのツールとして「やわなん」を作っている。

この本は、地味だが良書である。
キャッチーな言葉で、本を売ってやろうという感じがない。
そして、内容が非常に濃い。

「中級から」という開き直りも素晴らしい。

まだ全部読んでいないが、自動詞、他動詞、to不定詞、関係代名詞等々の文法説明だけでなく、

can, could, be able toの使い分け方
will, would, be going toの使い分け方
must, have to の使い分け方

など、日ごろあまり意識していないで使っていることが、きっちり説明されていてうれしい。

そして例文も豊富だ。

冒頭にこうある。

「文法なんか気にしていたら、英語なんてしゃべることはできない。」
「通じればよい。」とはよく言われることです。実際、私も英語はコミュニケーションの道具一つなので、究極の目的は通じることだと思っています。
確かに日常会話であれば、中学レベルの文法力で十分でしょう。しかし、もっと複雑な状況や場面での対応、細やかな感情の変化や考えを表現するには、どうしても高校レベルの英文法力が必要になってきます。


確かに、通じるが、どうしても稚拙な表現を繰り返しがちだ。
この本でレベルアップを図りたい。


人気blogランキング


posted by りもじろう at 08:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | やわなん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。