2006年10月25日

雇用形態

偽装請負というのが問題になっている。

請負契約者、業務委託契約者を派遣社員のように働かせるという話だ。

正社員の雇用が減り、派遣社員が増えている。
さらに、派遣社員より都合よく入れ替えできて扱いやすいということで、請負労働者を派遣社員的に使うということが横行していた、という。

偽装請負にならないように、各部署で気をつけましょう、というお達しがあった。
さらに、派遣社員が3年を超えて働いている場合は、正社員として雇用するか確認をしましょうと。

アメリカの人事を考えると、日本的な正社員という概念自体が存在しない。
社員は、個人事業主の派遣社員の集まりみたいなものだ。
間で搾取する第三者は存在しない。

日本では、正社員は高いから、派遣社員を使い、さらに請負労働者を派遣社員のように使う。


以前、社員の年齢構成は富士山型だという話をした。
実際のところ、右側の裾野(減少分)を補っているのは、派遣社員、請負契約である。

派遣社員で、正社員より技能が高い人もいる。
だが、基本的には雑用を依頼することが多い。
派遣会社に対しては、一人あたり月100万以上の金額が支払われることもあるが、本人の手元に渡るのはほんのわずかだろう。

最近、課で歓迎会があった。
3ヶ月契約の派遣社員の。

雇用形態が、根本的に、だいぶ歪だ。



人気blogランキング


posted by りもじろう at 09:21 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

派遣の扱いは正社員の下なのか?
Excerpt: いまや会社といっても働く人の雇用形態は様々ですね。派遣社員に正社員、バイトの準社員とか、派遣社員の扱いは正社員の下なのか?一番えらいのはだれ!?
Weblog: 私の稼げる情報・気になる情報
Tracked: 2006-10-31 21:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。