2006年09月14日

SJC-P 310-055

SunのJava 5のプログラマー認定のことである。
今朝、これを取ってきた。

前回NZの会社のインタビューで、

「なぜJavaの認定は取ってないんだ?」

「うちは社員に取らせるようにしている。」

という話を聞いていた。

また就職活動するなら持っていた方がいいだろう。
そして、北京の技術移民面接に持っていければ、少しは心証がアップするかもしれない、と思ったので慌てて取ってきた。

Amazonで本を探したところ、

Sun SJC-P認定ガイド 310-055対応
Kathy Sierra Bert Bates
4822282775


これがよさそうだったので、買って読んでみた。
700ページ近くもあって分厚いが、わかりやすい説明であったので読むのに苦労はなかった。

ただ、想定問題集があまりなかったので、ネットで探してみた。
それらしい本はまだ出ていないようだった。

i-StudyもJava 1.4しか対応していない。

ちょっと探してみると、

http://www.whizlabs.com/

というのが見つかった。
いろいろな認定試験に対応している。
SJC-Pもあったので、早速購入。

日本円5000円程度で、72問x6セットの問題が含まれている。
i-Studyだと15000円ぐらいするから、だいぶ安い。

ライセンスの購入情報を見てみると、なんとインドの会社であった。
恐るべし、インドITパワー。下請けだけでなく、フロントエンドのサービスまで手がけている。

問題、解説も勿論英語だが、読むのはそれほど難しくない。
GUIはFlashで出来ている。

しかし、問題は思ったよりひねりが利いている。ちゃんと一回はやっておけば、引っかからないが、そのあたりのポイントをうまくおさえている。

というか、本試験のほうが平易であった。
この6セットやって、合格点とれるようなら間違いなく本番もOKであろう。

さすがに、技能移民面接直前にこんなことやってるものだから、妻に怒られた。どうして、もう少し早く準備しておかないのか、と。

妻は夏休みの宿題を7月中には大方終わらせてしまう性格なのだ。
一方私は最後の一週間にかけるタイプであった。

理解できまい。この土壇場の集中力を。

さあ、次はインタビューの準備だ!



posted by りもじろう at 14:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

おすすめ参考書・問題集
Excerpt: 310-055に変わってからというものの、非常に参考書が少なくなりました。 問題...
Weblog: SJC-P 310-055 はここで合格!
Tracked: 2007-01-30 20:35
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。