2006年08月14日

サラリーマンがいい

義父が孫に会いに、一泊していった。

普段なかなか会えないので、子供たちも大はしゃぎだ。
一緒にプールで水遊びをしたり、花火をしたり。

義父は移住に反対だ。
最初から明確に反対を表明してくれている。

今回の結果についてもよかったのではないかという。
焦る必要などないのだと。

まったくそのとおりだった。
不甲斐無い会社と一緒に仕事をしても、失敗する可能性は大きかっただろう。
ビザ欲しさと早く独立したいという思いが先行して、そのあたりを冷静に見れなかったのだから。

義父の勤めていた工場はアジアの工場との競争に敗れ、数年前に閉鎖となった。
普通だと再雇用は難しい歳ではあったが、その後、経験を買われて、別の工場での仕事を見つけることが出来た。

そんな経験をした義父は、それでも

「サラリーマンが絶対にいい」

という。

床の間には、

工場勤続何十年感謝状

の額が飾られている。

その工場も今はもう無く、住宅地となっている。


posted by りもじろう at 10:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。