2006年08月09日

Know your place.

恥知らずにもウェリントンの会社にもう一度お願いしてみた。
まったく身勝手なお願いだ。
I am sorry it hasn't worked out for you.
We have no current requirements.

やっぱり、だめであった。
一応、
I'll contact you should we have further opportunities, although it is a little quiet at the moment.

と言ってきてくれた。
だが、あまりこれに期待しても仕方あるまい。

今回の件は、反省すべき点は多々ある。

焦りすぎて冷静な判断を出来なかった。オークランドの会社で行くなら、この会社について十分に調査しなければならなかった。相手の言うことを鵜呑みにして信じてしまった。

審査基準についてもよく知らなかったのに、まあ大丈夫だろうと甘く見ていた。

不確定なものを、都合の良い様に自分勝手に解釈してしまっていたのだ。

夫婦で同じ方向にベクトルが向いていると、すごいエネルギーが出て、いいときにはどんどん進む。しかし、一方で冷静に判断するべきときに、今回のようなミスを犯す危険がある。

ニュージーランドに行くのは、手段であって目的ではない。それを少し目的化してしまっていた。
そして焦ってことを進めようとしてしまったようだ。

やわなんにこんな表現を見つけた。

Know your place. 身の程を知れ。

痛い言葉だ。


posted by りもじろう at 09:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 移住準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。