2006年07月28日

新しい働き方 その2

「スモールビジネスの国」と「強者と弱者の国」というブログを読んだ。

そうなのか。アメリカではスモールビジネスが盛り上がっていたのか。
しらなかった。

私の考える理想の会社もこれに近い。

・ベンチャーのように大金を集めない
・バブリーに稼ぐのではなくて、小さいことを武器にして小回りをきかせて稼ぐ
・経営者(創業者)のアイディアと情熱と信念による経営
・成長指向ではない


これだ。
さらに、追加したいのは

・無借金
・勤務地不定
・勤務時間不定
・透明性の高い利益の分配

あたりだ。
次のも参考になる。

・競合相手を下回れ(同種の製品の中で単純で使いやすいものにチャンスがある)
・自分が使うようなサービス(製品)を作れ
・自己資金で行け
・必要な機能を網羅したリストを作って、半分だけ実装せよ
・会議は捨て


図らずも、かなり当てはまっている!

アメリカで、じゃなくて、ニュージーランドでなんだが。


posted by りもじろう at 16:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | 独立準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふむふむ、面白いですね〜。

こんなに健康的で、魅力的(ワクワク)で、堅実な思考ならば

働いていく≒満足しながら生きていく、のは難しくないのだよ、とまるで励まされているようです。

小生、典型的な日本企業の呪縛に惑わされることもしばしばですが、りもじろうさんのように上手に会社を利用することを意識したいもの。

幸いに、それなりの理由・仕事にかこつけて、欧州に頻繁に出張できるので
たっぷり私的調査を敢行するつもりです。(観光も時々)

さて、いまから広い家と緑をもとめて、家族一緒に郊外の賃貸物件おたしかめツアーに行ってまいります!
Posted by 寛三郎 at 2006年07月29日 07:28
寛三郎さん、
コメントありがとうございます。

まだまだ願望レベルであって、実現するのはこれからです。
着実に進めていきたいと思っています。
今後の展開をお楽しみに!

寛三郎さんも、いい家見つかるといいですね!
Posted by りもじろう at 2006年07月29日 14:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。