2006年07月19日

FAX届かず

北京のビザ担当者からジョブオファーを出してくれた会社の決算報告書を出せという話があった。
いろいろあって、少し時間がかかったが、会社からFAXしてもらった。

その後、3週間ほど、音沙汰がなかった。
こちらから問い合わせをすると、担当者は2週間以上も不在なので、復帰してからまた問い合わせろという。

で、やっと担当者が職場復帰した。
問い合わせのメールに数日後返事が来た。

「FAXが届いてません」

うーむ。

毎日毎日、今日はビザが出るかと待ち望んでいる身としては、この展開は脱力だ。

しかし、こちらが反省しなければならないことがある。

FAXを送ってもらってから、

「今日FAXを送ったので、届いたか確認してくれ、そしてメールくれ」

と催促のメールを打たなかったのだ。

「FAXを出します」

と言っただけだったのだ。
役人は基本的にイベントドリブンにしか動かないに決まっている。

「送るといってから数日たっても来てないから、何かエラーで不達になってるのではないですか」

とか、親切にメールしてくれるわけがない。
多分、問い合わせていなければ、1年でもほったらかしになるに違いない。

幸いこれまで、メールで問い合わせて、無視されたことは一度もない。
一行でも返事は返ってくる。

なので、プロセスを早く進めたい人はどんどん問い合わせるのがよいだろう。

会社にお願いして、NZと北京の両方に再送してもらった。

今回は忘れず、

「FAX出した。確認メールくれ」

これからはどんどん問い合わせよう。



posted by りもじろう at 11:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 移住準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。