2006年07月05日

変化なし

肝臓の再検査の診断書を送った後、しばらくして、ジョブオファーを出してくれた会社にNZISの担当者から電話があったらしい。

質問の内容は、とてもいやな感じだったらしい。

今の収入とポジションを捨てて、この給料でニュージーランドに来る理由がわからないというのだ。

何か怪しいと思っている。

で、この会社の財務状況なども提出するように要求があったそうだ。

そして、この問い合わせ以降、一ヶ月間、NZISからは音沙汰がなかった。

業を煮やして、問い合わせメールを送るも、

2週間ほど居ません、

という返事がオートリプライで返ってきた。

イギリス人への永住権は1週間で出るという。

やはりアジア人には対応が違う。

点数や、基準で人種ごとに対応を変えるのは明らかに国としては表向きできない。
よって、いくら膨大な応募があっても、担当者を少なくしておけば、自然とビザの発行数は制限できる。

担当者の名前でぐぐってみたら、この人タイまで行って面接もしていた。アジア全域で一人ですか?

これはあくまでも想像だが、

移民は受け入れるが、アジア人だらけになっても困る、

というのが、このあたりの本音のところではないだろうか。


posted by りもじろう at 09:53 | Comment(0) | TrackBack(1) | 移住準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ニュージーランドで語学留学
Excerpt: 語学留学ならニュージーランド!自然豊かなニュージーランドで英語を学ぼう
Weblog: ニュージーランドで語学留学
Tracked: 2006-07-05 22:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。