2006年06月16日

技術面接

気を取り直して、2次までクリアしているSI会社の面接に向かった。

3次は技術面接だ。会社に向かうと立派な建物で、オフィスの環境もよさそうだ。出てきた担当者はマネージャークラスとエンジニアだ。

技術的な質問を色々と受ける。銀行の時と違って、非常に穏やかな雰囲気で面接が進んだ。会話の問題もない。

デモも非常に効果的だったようだ。
銀行での質問は

「オブジェクトのイコールの意味は」

「Strutsのアーキテクチャを説明せよ」

とか細かい質問があったが、こちらではそういう細かい質問はまったくない。

「デザインパターン知ってるか」

「UMLをどういう風にプロジェクトに使ってきたか」

といったような感じだ。

銀行では最後に質問があるか、と聞かれたので、

「アジア人はエンジニアにいるか」

と聞いたが、いないと答えられた。

一方で、こちらの会社ではメンバーは多国籍だという。
面接官も一人は明らかにアジア系だった。
なるほど、会社によって外国人の扱いが全然違う。英語に対する意識も全然違った。

終始なごやかな雰囲気で面接は終わった。

直ぐに担当から連絡があった。

「明日、直接あなたのマネージャーになる人にあって欲しい」

という。

というわけで3次も無事クリアだ。

このころでも、他の転職エージェントもたびたび連絡してきて、他の会社に面接にいけるように調整してくれていた。だが直前の調整のため、うまく進まない。事前に連絡しているのだから、さっさと決めておいてくれればいいのに。

正直、今回の旅行ではこの会社との面接だけでもう十分だ。
この感じだと、次回長期滞在できれば、他の会社との面接も取り付けられるとわかった。

この日もビールがうまかった。



posted by りもじろう at 11:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 移住準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。