2006年05月25日

EOI申請

これまでEOIの申請について詳しく触れていなかったのでここで。

まず、移住したいという意思表明をする必要がある。これをEOI (Expression Of Interest)という。
NZのイミグレーション(NZIS)のWeb上で、申請できる。

自分のキャリアや、学歴、IELTSのスコア等を基準に点数をつけていくことで、基準点に達しているかどうかがわかる。基準点はその時々で変わるようだ。私が申請したときは、基準点は100だった。基準点に達していれば申請できて、NZISがその申請内容を認めれば、invitation to apply(ITA) for residence visaをもらえる。

日本の国立大学は大体NZISの認定リストに入っている。だが、私の出た大学はなぜかリストに入っていない。旧帝大で入っていないのは私の出た大学だけだ。なぜだ!?NZ!

といわけで実費で大学の認定プロセスをしなければならないのだった。
「私これこれの大学出てますので、ちゃんとした大学か調べてやってください」ということだ。

この面倒くさい手続きをするのに大学の卒業証明書、成績証明書が必要だ。まずはこれを入手。これは本申請でもどうせ必要なのでまあよい。

書類を出してしばらくすると、大学から私に問い合わせがあった。

「ニュージーランドから問い合わせ来てますが、答えていいですか?一応個人情報にあたるので。」

おお、ちゃんと個人情報を守ろうとしているぞ、わが大学!

というわけで「やってください」と即答しておいた。

しばらくすると、
あなたの大学が認定されました。あなたの学歴レベルはポイント9(NZの大学院卒を9と見なす)です。
というレターが届いた。

EOIはセルフアセスメントで140であった。これは妻のIELTSのがんばりにより+10になったものだ。

後でわかったことだが、EOIをWeb上で申請した後も、Web上で訂正ができる。なのでIELTSのスコアの結果等未記入でも申請できるのだ。基準がどんどん変わるので、今申請できると思う場合は、すぐに申請しておくことをお勧めする。
現に申請後しばらくしてルールが変わった。100-105だとJob OfferなしではInviteされないらしい。

EOIを提出してから1週間ほどでSelectionが行われた。これは点数を基にした処理なので100を超えていれば問題ない。

その後1ヶ月ほどしてITAが届いた!
これで本申請ができる!

Job Offerなしで本申請すると、北京で面接が待っている。無事にクリアすれば半年のワークビザが出るらしい。EOI申請直後のルール変更で、このワークビザの期間が2年から半年に短縮されていた。

妻が知り合った、Blogの申請仲間の情報によると、Job Offerをつければ、北京面接が免除になる可能性があるという。

なんとしてでもJob Offerが欲しい。
というわけで履歴書をもう一度出すのだ。



posted by りもじろう at 12:28 | Comment(1) | TrackBack(0) | 移住準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『りもじろう』様

はじめまして!
ブログ楽しく拝見させて頂きました。
大変楽しく読ませて頂きました。

最近、『ブログタイトル』のような面白いブログは、修正・加筆して電子書籍として販売するとヒットすることがよくあります。

そして、無料で登録できる電子書籍でヒットしたら、次はそれをそのまま商業出版化する、という流れも出てきています。

そこでお願いがあるのですが、商業出版のアシストもしているでじたる書房で、あなたのブログを販売してみませんか?

■TOP:http://www.digbook.jp/
■ライター登録ページ:http://www.digbook.jp/writers_site/
■ライター登録者数:1834人
■総書籍数:6374冊

ご登録、販売にあたり費用は一切無料です!
お待ちしております!
Posted by でじたる書房 at 2006年06月01日 11:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。