2006年05月15日

妻のIELTS結果

イギリスから友達カップルが遊びに来ているときに、結果が届いた。

うれしいことにOverallで6.5!

EOIをこれで10ポイント追加出来る!
でかした嫁。惚れた。

Speakingが私と同じ6.0だったのはなんとも複雑な心境だが、本当によかった。
着実に家族でこなしていっている感じがうれしい。

友達カップルも一緒に喜んでくれた。
とりあえずニュージーランドに下見に行ってこいと言われたが。

二人はオランダ人と日本人のカップルだが、仕事の関係でイギリスに住んでいる。電車もまともに運行しないなど、色々不便なことも多い所だが、人として住みやすい場所らしい。ヨーロッパの国はどこも夜や週末、休日には店は閉まる。労働者の休暇も非常に長い。

人が犠牲になって成り立たせる便利な日本のシステムと反対の考え方らしい。
アメリカでも祭日にはどこの店も閉まっていて食事に困まったことが何度かあったが、チャイニーズだけはあいていた。
アジア人の性なのだろうか。

村上龍が「一週間ほどのゴールデンウィークで大型連休というのはおかしい。欧州の主要国と比べて少しも長くない。ダブルスタンダードで物言うのはやめろ」
というようなことをJMMのなかで書いていた。
日本独自の文脈で基準を設けて、その中で5日しか休めない、9日間休めるなどということで一喜一憂しているサラリーマンは寂しいものだ。


このカップルは仕事(したいこと)と住みたいところの関係をうまくバランスとっている二人だ。

別の友達にドイツ人と中国人のカップルもいるが、今はファンド関係の仕事をしていてニューヨークにいる。子育てと新しい仕事を考えて、ジュネーブあたりに引っ越そうかと考えている。

みんな自由だ。


タグ:IELTS
posted by りもじろう at 09:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | 移住準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

一円・村上龍
Excerpt: アマゾンで一円で買える本・CDを集めてみました、もしよかったらみてみてください
Weblog: 一円市場
Tracked: 2006-05-15 16:09
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。