2006年05月12日

妻のIELTS受験

私のIELTS受験から数ヶ月遅れて、妻が受験することになった。

ビザの申請の際、パートナーのスコアも必要だからだ。

結果が悪いからといってビザが出ないというわけではない。ただ4.5以下だと英語の研修を受けないといけないらしい。また6.5以上だと妻の学歴等を合わせてEOIに10ポイント加算される。そうなればJob Offerなしでも140ポイントになる。

二日間のテストで、しかもはるばる都内に受けに行かなければならない。乳飲み子のいる状態では、簡単にはいかないのだ。
そこでホテルを予約、家族で二泊しての受験となった。

IELTSの試験だけでも、2万以上もかかる。その上ホテル代もかかるとなると、英語の検定試験ごときで豪い出費だ。
これで4.5以下で研修費用40万払う羽目になったりしたら、もう移住とか言うなという話だ。

しかし、模試の様子では、リーディング、リスニングとも好調のようだ。
スピーキング、ライティングには自信がないらしいが。
彼女もアメリカ赴任の際に英語の研修を受け、アメリカ滞在時も英語での生活をこなして来たのだ。

なんとかなりそうだ。

妻が受験中、都内の公園や神社で子供二人と散歩して帰りを待った。
ただ移住するといっても、こういうちょっと面倒くさい話が一杯なのだ。

それを一つ一つこなしていくしかない。


タグ:IELTS
posted by りもじろう at 09:53 | Comment(0) | TrackBack(1) | 移住準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

11.Skilled Migrant Category fortnightly selection
Excerpt: 今月29日にSkilled Migrant (一般技能移民部門)の2週間毎に行われるEOIのセレクションが行われました。 今回の選出は前回の選出よりかは少し厳しくなっておりますが相変わらず80件もが..
Weblog: イミグレーション最新情報!!
Tracked: 2006-05-31 20:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。