2006年04月20日

入院

妻のおなかも大きくなってあと二ヶ月ほどで予定日というころ、絶対安静ということで、入院してしまった。

彼女は在宅の仕事もやすむわけにいかないが、病院ではネットワークにつなげないため、朝晩ノートPCを運んでアップデートする必要がある。

1ヶ月あまりも、一人で家事、上の子の送迎、病院への往復の日々が続く。

病院への車のなか、

「お父さん、おしっこー」

「もうちょっとがまんしな」

「がまんできないー!えーん。」じょー。ぼたぼた。

くー...

病院のトイレに駆け込み、パンツを脱がせる。着替えが無い。
怒りのあまり、ぬれたパンツを投げ捨てる。
こうなりゃ、トイレットペーパーでぐるぐる巻きだ。

そのまま病室へ。
娘よ、すまんかった。

別の日の帰りの車。時間にあせって無理に通ったことも無い細道を進む。

ガリガリガリ

車の側面を突起物に巻き込む。

「うおー。」と叫んだところで何も変わらない。

疲れすぎてるぜ。俺。

そうこうしているうちに事業部の引越しが決まった。

数年前に組織変更で大移転があったというのに、また移転である。
日本に帰ってきて半年あまりで、また引越しだ。

これから一人で家探しもしないといけないのか。


タグ:家探し 引越
posted by りもじろう at 10:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | なぜ移住・独立しようと思ったのか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。