2006年04月04日

はじめに

今日からこのBlogを始めます。
テーマはタイトル通り、住みたいところに住むというのを如何に実現するか。

詳しくは今後触れるとして、大手企業のサラリーマンとして1年に1回ペースで転勤を余儀なくされてきた。
この経験により、日本的なビジネス中心の生活パターンから、家族と地域社会とビジネスとをバランスよく実現できる生活パターンに変えていきたいという思いが強まっている。

このためには、サラリーマンをやめても生きていける基盤を構築し、そして住みたいところ(ニュージーランドなんだが)に住むということを同時にやってしまおうという計画を進行中なのである。

このあたりの記録と日々の思いを綴っていきたい。
posted by りもじろう at 09:05 | Comment(3) | TrackBack(0) | なぜ移住・独立しようと思ったのか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。ある大手電機メーカーの友人から紹介されたので覗いてみました。

私は、20年ほど前にオーストラリアの永住権を取得しました。豪州の会社が雇用すると言う条件で、Employer Nomination Schemeの申請を会社と私自身で行いました。

家畜を運ぶような電車での通勤は非人間的で、オーストラリアのおおらかな人間性と暖かな気候に惹かれていったわけです。

当時はバブル期でもあり、当時で5000万のcashが用意できる事業家(経営者)は、事業家ビザで永住権を取得する人も多かったですが、そういう人たちは今はどうしているのか。。。

当時は、豪ドル金利が13%とかあり、金融資産を持つ人は利息収入で生活も可能でしたから。。。

私は、持病があり、結局、日本に戻ってきましたが、移住者の中には「死ぬ時は畳の上で」と考える人も多いようです。
Posted by スーパーTS at 2006年10月31日 22:17
スーパーTSさん

コメントありがとうございます。

我々も、日本には絶対戻りたくない、と考えているわけではなくて、究極的には、その時々でベストと思える環境で暮らせるようになりたいという思いです。
そういう意味の「住みたいところに住める」なのです。

そのファーストステップがニュージーランドということなのです。
その一歩すら踏み出せないかもしれませんが。

ブログ見させてもらいます。
Posted by りもじろう at 2006年11月01日 10:28
はじめまして、近いうちにNZに行く予定で色々と調べていたところ検索で引っかかり拝見しました。

ずっと日本でITの仕事をしていましたが仕事や居住地に常に選択肢がある状態に、、、と思い海外での仕事をと考えて一気にコンテンツを読んでしまいました。

新しい記事も楽しみにしていますのでお忙しくない範囲で投稿お願いします。
Posted by Yoichi at 2013年01月26日 16:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16112057

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。