2010年07月19日

インフレの国のデフレ

アゴラにデフレは不況の原因ではないというエントリーがあったので、私が今住んでいるNZの物価変動の内訳はどうなのだろうかと思って少し調べてみた。

NZといえば、先進国の中ではオーストラリアに次いで政策金利の高い国である。(現在2.75%)この不景気でもインフレな国と言えよう。

inflation.jpg

6月の消費者物価指数(CPI)は前年比で1.8%増であったが、これにはタバコ税や運送コスト上昇や、電気代、家賃、住宅価格などを含む非貿易財(non-tradable)が多く寄与している。

cpi.jpg

年間で見ると、マイナスは食料品(-0.7%)、AV、コンピュータ機器(-17.5%)、通信費(-2.0%)などが、プラスは国際線航空運賃(+16.1%), タバコ(+9.3%)などが大きい動きだ。

一方、不動産の年変動率は全国平均で+5.2%であり、
annualpropertyvaluechange.jpg

リーマン以降の一時的なマイナス局面はあったものの、現在プラスに転じている。

houseprice.jpg

これは恐らく移民による人口増がかなり寄与しているものと思われる。
annualpopulationchange.jpg

大雑把にいえば、消費者物価はガソリンの値上がりや増税でプラスになっているが商品やサービス自体は下落しており、インフレの国でもこの傾向は日本のデフレと大差ない。移民による人口増によって成長率をプラスに維持できているのであろう。
よって、人口が減少していく状況でデフレから脱出するのは、非常に困難なことであることが見えてくる。

ちなみに最近我が家で買った新製品は、

ファンヒーター $9(約540円)
オイルヒーター $19(約1140円)
oilheater.jpg
子供用自転車 $99(約5940円)
大人用自転車 $119(約7140円)
bike.jpg
である。電気製品などが比較的高いといわれるNZでも、商品のデフレの波は避けられないようだ。勿論、ほとんどの工業製品を輸入に頼っているNZとしては、悪いことではない。



posted by りもじろう at 11:15 | Comment(0) | TrackBack(2) | ニュージーランドの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ここは酷いドイツ物理学ですね
Excerpt: 第三帝国下の科学―ナチズムの犠牲者か、加担者か (叢書・ウニベルシタス)法政大学出版局 ユーザレビュー:総統は暴走する科学の ...Amazonアソシエイト by 研究者同士の支援や予算権限拡大の..
Weblog: 障害報告@webry
Tracked: 2010-07-20 23:31

写真点描・札幌花物語 5
Excerpt:  この北大植物園、明治期の北海道開発をどう考えるかによって、樹木や草花だけに眼を奪われなくてもすみそうですね。未知の種類、品種、その発見と、ことはひとつになっていますよ...
Weblog: つき指の読書日記by大月清司
Tracked: 2010-07-24 07:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。