2010年05月25日

『英語の早期教育を進めるべきだ』に賛成

英語の早期教育を進めるべきだ - 小田切尚登
こちらのエントリーを読んで、まったく私も同意見である。
勿論そうでなければ、私自身英語圏の国に移住して、子供を現地校に通わせたりはしない。
1)外国語を早い時期、例えば小学生時代から学ぶと、言語能力に悪影響が出る。
カナダでも首都であるオタワでは、英語とフランス語の早期教育を進めている。すばらしいのは、英語が母語の人は小学校低学年からフランス語で授業が受けられるが、高学年になってから、という選択も可能なことである。
母語がしっかりと根付いていない子供の場合や、言語能力の差によっては、低学年から複数の言語を習得するのが難しい場合も見受けられた。なので、そういう子供の場合は、低学年では一日一時間のフランス語の授業から始められる。
こういう選択肢が用意されれば、母語形成の妨げになるという問題は解決するであろう。

一方で日本の小学校の英語教育で、週に数時間の授業というのは、多分ほとんど意味が無いだろうし、それでは早期教育とすら呼べないだろう。やるならシンガポールやカナダ、ヨーロッパのいくつかの国のように徹底的にやるべきだ。
2)外国語が下手でも日本人は立派にやってきたし、やっていける。
.. 良いものを作っていれば黙っていても海外から製品を買いに来る、
私がソニーにいたときも同じ意見の人は結構いた。ある部門長なども、
「英語なんて下手でも通じりゃいいんだよ。」
といって意味不明の英語を手振り身振りで堂々と喋っていた。

しかし、それはあくまでもソニーの看板があってこそ話を聞いてくれるのである。
普通にあの程度の英語しか喋れない人が営業しに行っても、誰も話を聞いてはくれない。
我々の子供たち世代が仕事をするころに、下手な英語を打ち消すほどのブランド力のある会社が存続しているとは限らない。
3)英語が必要なのは日本国民の一部だけなので、それ以外の一般人は英語を習う必要がない。
仕事の選択肢が広がるという意味では全員必要かと思う。
しかし仕事に活かすとなると、中途半端な英語力ではこれからますます意味がなくなってくるであろう。
なので仕事の選択肢が少なくてもいい、日本語限定で問題ないという特殊な環境の人は、いっそ英語をまったく勉強しなくていいオプションがあってもいいように思う。

幸い8歳と5歳の娘たちの母語である日本語は、今のところ年相応に発達している。日本のテレビなども見られる環境にしているため親以外の日本語もよく覚える。
(クレヨンしんちゃん以外で「おら」っていう日本人には会うこともないだろうし)
補習校での週一回の授業や日本語の教材などでの自宅学習、寝る前の読み聞かせなどをしているのも役立っているようだ。

こちらのエントリーを見ると、NZでは日本語は結構人気があるらしい。
この新聞記事によれば、現在NZ国内のSecondary School(中学・高校→NZにおける外国語学習者の最も多い年齢層)における中国語学習者は約2000人(近い将来5000人には増やそうという思惑があるそうです)だそうで、一方で、フランス語は約27000人、日本語は約17500人というデーターが出ています。
娘たちには中学になって本人がやりたければ、中国語やフランス語を勉強すればいいと思う。そうすればさらに仕事の選択肢だけでなく、色々な文化への理解が深まり人生がより豊かになるに違いない。

外国語習得についての以前のエントリーはこちら
posted by りもじろう at 14:39 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も英語教育には大賛成派です。

私も、自分の子供いや日本人の子供が、英語圏の子供と英語
で喧嘩するのを楽しみにしている一人です。
しかし、日本人が英語を完全に身につけたらニュージーランドでも心配されているブレインドレインには歯止めがつかなくなるでしょう。

そうなれば、日本も優秀な日本人が逃げないようにいい国にになるよう官僚もがんばるでしょう。

その反対にこれが怖くて、英語教育に拍車がかからないような気がします。

私は、自分の子供や親戚の子供に選択肢を広げるようがんばらなくちゃ。
Posted by Max at 2010年05月25日 15:29
日本の早期教育の哲学は従順で画一的な歯車を作ることですから、共同体の外部の視点を持ってしまうような教育はしないでしょう。
Posted by at 2010年05月25日 17:20
I agree with your opinion completely. However, if you think so, why are your blog written in English?

ERROR : 半角英数字のみのコメントは受付ません。
Posted by tai1mura at 2010年05月25日 21:32
早期教育云々を議論する前に、日本では英語の必要性(人によっては「不要性」かもしれませんが)がちゃんと理解されていないと思います。ゴールが見えてないので、教育方法も中途半端になってしまうのでしょう。

どうして英語を勉強するの/教えるの?という問いに「(日本の)会社に就職するのに有利な気がするから」とか「学校の試験に英語があるから」といった答えが返ってくるような状況で、実用的な英語を使える人が増えるのを期待するのは難しいですね。

英語の必要性の話をしようとすると元記事の一部のコメントのように妙な国粋主義やethnocentrismをからめようとする人が出てくるのは、言語はまずなによりもコミュニケーションの道具であるという事実を忘れてるからでしょうか。そりゃ言語と民族文化は切り離せませんが、なんだか順番がおかしくなっちゃってる人がいるのはそもそも日本語教育そのものが道具としての側面を軽視していることに原因があるのかもしれません(あくまで私自身がだいぶ昔に受けた教育からの印象ですが)。
Posted by kazuya at 2010年05月26日 00:30
>幸い8歳と5歳の娘たちの母語である日本語は、今のところ年相応に発達している。日本のテレビなども見られる環境にしているため親以外の日本語もよく覚える。

日本語の「読み書き」などは大丈夫ですか?
あと、敬語とか。

お嬢様たちの国籍が日本であるなら、日本国内で仕事をする可能性もあると思うので、気をつけられたほうが良いと思います。
日本国内でインターナショナルスクールに通っている子女のなかには、読み書きや敬語などに不自由する子もいて、成長してから困ると聞きました。

以上、釈迦に説法でございました。
Posted by シモジ at 2010年06月22日 18:47
英語教育、というのは二つの意味があります。

英語を教育すること、と、英語で教育すること、です。いまどき前者をやるぐらいならやらないほうがいいですね。

それと、外国語教育=英語教育というのも避けるべきでしょう。

たとえば北海道ならロシア語、福岡なら中国語あるいは韓国語、としたほうが日本のためになります。
Posted by 紫力 at 2011年09月17日 11:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151052668

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。