2010年02月04日

クロエ

24.jpg
NZの会社で働いて数ヶ月がたった。

最初に驚いたのが、社員がみんな静かなことだ。アメリカやカナダの職場ではエンジニアでもジョークとか無駄口が非常に多かった。意味もなく叫ぶやつも多かった。
そういう人は今のところ見かけない。オフィスは非常に静かで、みんな自分の仕事に集中している。

ランチの時間になっても、みんなでどこかに食べに行くとかもない。キッチンのカウンターで黙々と食べていたりする。女性同士でもほとんど会話していない。
会議などでもジョークは少ない。
カナダやアメリカで働いてた職場では、いかにジョークを言うかを競い合っている感じすらあったのだが、そういう雰囲気はない。

ちなみに私の隣には30歳台前半ぐらいの優秀なでかい女性がいる。私は密かに彼女のことを「クロエ」と命名している。
24」のクロエにそっくりな雰囲気なのである。

私が最初に会社に来て、隣の彼女に「よろしくー」と話かけたら、こっちを見ずに左手をあげて、にやりとだけ挨拶。
すごい無口なのだが、これまた不思議なぐらい、みんなに頼られている。

数日して開発環境の設定がうまくいかなくて彼女に質問したら、

「ところで、あなたいつここに来たの?」

なんてクロエな!

たまたま今回の職場がこういう雰囲気なのかもしれないが、北米とは違うなぁという印象は受けた。夕方5時過ぎにはほとんど誰もいなくなるのは、カナダでもニュージーランドでも同じだが。

気の利いたジョークも英語ではなかなか言えない身としては気楽な職場ではある。

24 -TWENTY FOUR- シーズンVII DVDコレクターズ・ボックス〔初回生産限定版〕
B0018B8G8I
posted by りもじろう at 06:41 | Comment(3) | TrackBack(0) | ニュージーランドの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>「24」のクロエにそっくりな雰囲気なのである。
日本のSIで「24」と言われると、

>夕方5時過ぎにはほとんど誰もいなくなるのは、カナダでもニュージーランドでも同じだが。

とは対称的に、
「彼は1日24時間営業だから、いつでも会社にいるんだよ。HAHAHAHA。」
みたいなブラック企業ネタしか思いつきませんね。
Posted by at 2010年02月04日 07:38
ニュージーランドはもっとゆったりしてるかと思っていました。

中国でも時間とともに人が消えます…。
が、会社と個人のバランスは非常に悪いです。
Posted by マサ@北京 at 2010年02月04日 13:57
NZ企業経験者です。私も一社しか経験はないですが、まずNZには北米の笑顔+ジョーク振りまきまくりのオーバーなくらいなフレンドリィさは全くないですよね。

比較的シャイな傾向というか、非社交的というか、「今日ちょっと近くのパブで飲んでく?」みたいのも一部の若いもん(笑)の間でしかなかったし、ランチも同じく。テイクアウトを買いに行くときに他の人に「いる?」と声をかけてあげるくらいだったです。まあ自分もそうだったんですが。

残念ながら(?)自分の職場にはクロエもジャック・バウワーもいませんでした。
Posted by rosso8 at 2010年02月05日 08:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。