2010年01月14日

引越荷物梱包

2009-08-042010-57-33.jpg
ようやく 4. 引っ越し荷物梱包、コンテナ積み込み、出荷 である。

カナダからニュージーランドへ引越荷物について、数社から見積もりをとった。
日本からカナダに引っ越したときは、いろいろ荷物を減らしてもざっくり150万円ほどかかった。

今回はまた荷物も増えているし、何といってもオタワからは地球の裏側のニュージーランドまでである。見積もり額も覚悟していたが、荷物を全部20フィートコンテナに積んで運んでも7,000ドルほどで済むとのこと。
日本での人件費とか日本の港・船の使用料が実はかなり高いのだろうか。
日本からニュージーランドに引っ越す場合の見積もりは200万円だったから、日本->オタワ->ニュージーランドで送っても日本->ニュージーランドとほとんど変わらなかったというオチ。

家の引渡しと休日の関係で、梱包と荷出しは別の日にしてもらった。
梱包当日、寝具やテーブル、一部の食器など直前まで使うものを除いて、手際よくパッキングしてくれた。
荷物が片付いてしまうと、家の中はすっかりがらんとしてしまった。2年間だけでも愛着の持てるいい家だった。

と家族でしみじみ話していると、サンルームの窓が割れていることに気が付いた。留守中に裏のゴルフ場から飛んできたボールが当たっていた。
ぐおー!引越前日に何というタイミングの悪さ!
この2年間、ガラスが割れるようなことは一度もなかったのに。
不動産屋に確認したところ、修理は間に合わなくてもいいので、修理の手配はこちらでしておく必要があるとのこと。

仕方がないので翌朝、まさに荷出し当日、近所のガラス屋に朝イチで来てもらって見積もりをとり、支払いだけ済ませることにした。幸い割れたのは二重窓の外側だけなので、雨が降っても屋内に吹き込んだりはしない。しかし、また余計な出費だ。

そして朝8時に来るはずの引越業者が到着したのは11時すぎ。荷出しだけだと甘く見ていたようだが、未梱包の荷物があると知って「聞いてない!」と逆切れ。
梱包チームとの連絡がうまくいっていなかったようだ。梱包材もないし、引継ぎに必要な書類もない。ということでまた待たされて、午前中に終わるはずの作業が夕方までかかってしまった。
幸い次のオーナーが来たのも遅くて、引越し作業もなかったので事なきを得た。

家の引渡し手続きもあったので、名残り惜しむ間もなく、スーツケース4個を車に詰めて慌てて家を後にした。
ちょうど急に豪雨になって、びしょ濡れで裏のゴルフ場のレストランに駆け込み、おいしいカナダ牛をいただきやっと一息つけた。
2年間住んだ我が家が雨に霞んで見えた。

そして、プリンスエドワード島に向けてゴツいアメ車(レンタカー)で東部旅行に出発したのだった。


タグ:引越
posted by りもじろう at 15:12 | Comment(1) | TrackBack(0) | カナダの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
サイト運営をしている者なのですが、相互リンクしていただきたくて、コメントいたしました。
下記のURLから、相互リンクしてもらえると嬉しいです。
http://hikaku.link-z.net/link/register.html
ご迷惑だったらすみません。突然、失礼しました。
H0Wr9jcU
Posted by yujin at 2010年01月14日 17:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。