2009年05月12日

無趣味のすすめ その2

以前、村上龍氏の「無趣味のすすめ」について書いたことがあった。

光栄なことに、このエントリーについて、幻冬舎の石原正康氏から、「無趣味のすすめ」本の出版にあたり、広告に使わせてもらえないか、というお問い合わせをいただいた。

残念ながら、当方の返事が遅くなってしまって、これは実現しなかった。にもかかわらず、直後に一筆添えてカナダまで一冊送っていただいた。

これほどの立場の人が、私のようなブログの話で、直接メールで問い合わせいただき、本にも一筆添えて、などという細やかさには大変驚いた。
これがプロの仕事なのだなあと、変なところに関心した次第である。
無趣味のすすめ
さて、本を読んだ感想である。
日本にいたころにGOETHEですでに読んでいたエッセイも多かったのだが、改めて読んでみても、やはり非常に現実的な話であり、今でこそ、この金融危機で多くの人が気付かされたことが、随分と早くから指摘されていたのだということに感心するばかりであった。

納得した話の一つに「語学の必要性」というのがある。

「一生安泰な仕事や資格やスキル」という幻想を求める傾向がある。残念ながら、そんなものはないとまず自覚すべきである。」

「語学の習得は、得るものが大きく非常に重要で有用だが、それはその人の人生を「やや有利」にするだけという当たり前の事実に気づくべきである。」

その通りだと思う。自分は十代になって多くの時間を英語(さらに、大学でのドイツ語)に費やした。そしてそれは非常に非効率であったことを認めざるを得ない。
自分の子供たちには、その歳その歳で、もっとも有益なことに時間を使ってもらいたいのだ。

小学校で英語の授業を週に何回かやったり、レベルの低い中学高校の英語教師のもとで英語の勉強をだらだらとやったりするのは明らかに時間の無駄で効率が悪い。

たかが英語のために、そんな無駄な時間は費やしてほしくないという思いがあった。

「後悔のない転職」という話のなかで、

転職が合理的なのは、基本的には、高度専門職、つまりはスペシャリストと、著しい実績を持つ人だけだ。

とある。当たり前である。こちらのエンジニアはそれしか考えていない。日本で今、正規雇用の流動化が叫ばれているが、これに対応できる人は大企業には少ないだろう。
いいにくいが、私のような自ら辞めたエンジニアに前職から今だに開発の仕事をいただけるのは、そんな事情であり、私にとってはありがたいことではある。
本当に大企業がおっさんホワイトカラーのクビ切りを始めたら、すごいことになるだろうなあ、自殺者数とか。
これはもう既得権益を得たと信じていたフランス革命前の貴族みたいなものかな。趣味とか暢気にやってたわけで、最後はクビ切りで終わると。ああ「無趣味のすすめ」。



posted by りもじろう at 11:17 | Comment(11) | TrackBack(1) | カナダの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
りもじろうさんこんにちは。
いつも楽しく読ませていただいてます。
2007年8月17日の記事のコメント欄で相談させていただいたkazuと申します。その後大学を卒業し(学歴ポイントを得るため),関連職歴を積むため,ドイツ系のメーカーでソフトウェアエンジニアをしています。技術を身につけ,それを客観的に示す資格をいくつか取得し,NZの永住権を申請しようと思っています。かなり遠回りで,目標を忘れそうになりますが,その都度こちらのブログをみて勇気をもらっています。一言お礼を申しあげたく書き込みしました。これからも更新を楽しみにしています。
Posted by kazu at 2009年05月17日 11:26
りもじろうさん
いつも大変参考になるブログありがとうございます。

さて、すいません、この記事とは全く関係ないのですが、コメントに出てこられる”のり”さんとは連絡つくでしょうか。
私も今ニュージーランドに居り、機械設計技術者で永住権取得を考えております。境遇が似ているため是非情報交換がしたいと考えております。
もし連絡がつけばよろしくお願いいたします。

masa
Posted by masa at 2009年05月22日 14:19
Kazuさん、ご無沙汰しております。すごいですね。就職おめでとうございます。是非いつかNZで会いましょう!

masaさん、のりさんの連絡先はわからないです。のりさん、コメントお待ちしてます。
Posted by りもじろう at 2009年05月22日 19:34
りもじろうさんへ

度々コメントさせて頂いていますこあらです。

村上龍さんの書籍に関してのりもじろうさんの感想が

辛いけど本当だなと思います。自分もパートナーと仕事と勉強で趣味をやる時間がありません。でも、日本人である以上、自分の文化や芸術など教養として身につける必要があるとは思います。教養に時間をもっと使いたいけど、人生の目標のためにまだ手が回らないのが現状です。オーストラリアで起業してお金を稼いでいるアジア人たちも村上さんのようなメンタリティーでした。

でも、サンフランシスコには、大金持ちで、働く必要がなく、国立公園で日光浴をしている人たちが沢山いましたが、キリギリスのように生きていけるのなら、それもいいですよね。
Posted by こあら at 2009年05月29日 18:21
りもじろうさんへ

カナダで通用する資格についての質問があります。

日本の国家資格である技術士の資格がある場合、カナダで資格の認定などに有利でしょうか?アメリカなどには州ごとにプロフェッショナルエンジニアリングの資格制度がありますが、カナダにもあるのでしょうか?

わかる範囲でお願いいたします・・・
Posted by こあら at 2009年05月29日 18:29
カナダの資格についてはわかりません。すいません。
政府系の仕事をしたかったら永住権以外にセキュリティクリアランスに通ってないといけないようです。
日本の国家資格が有利かというと、あれば勿論有利だとは思います。費用対効果の面はわかりませんが。
Posted by りもじろう at 2009年06月04日 21:00
ちょっと気になったので、コメントさせてください。また、間違っていたらご指摘おねがいもうしあげます。
ご自身は今回ニュージーランドの永住権を取得されて今カナダに住んでおられる。

この場合、ニュージーランドに入国するまでの猶予はさておき、入国してから最初の二年間はあくまでも暫定の永住権とされていて、永住の意思があるかどうか、最初の二年間の各一年ずつは180日(半年)以上はニュージーランドに滞在している必要がります。 つまり最初の二年間はカナダに行ったり日本に住んだりという期間が限定されているということです。

以上は、最近永住権を採られた方にうかがいました。
この二年を経過すれば、晴れて正式な永住権取得となり、その後は何日ニュージランドに何日居ようと永住権は戦争でもない限り不滅だそうです。 もうご存知かとも思いましたが、念のため。連絡させていただきました。

masa
Posted by nakamura masami at 2009年06月08日 22:34
堂本剛の彼女、高垣麗子が手ブラセミヌード写真集発売!

押切もえ(29)、蛯原友里(29)とともに同誌トップ3の人気を誇る高垣は、1メートル70、B81W58H84のパーフェクトボディーを限界ギリギリまで露出。

高垣は「自分らしい体を見つけることは
とても大切なこと。

これがいまの私です。魅力的な大人の女性を目指して皆さん一緒に頑張っていきましょう」と話している


Http://anmona1233.blogspot.com/
Posted by あの人気雑誌の専属モデル高垣麗子が・・・!? at 2009年06月10日 09:46
りもじろうさんへ

いつもきちんとお返事して頂きありがとうございます。

カナダの資格についてはわからないということでしたが、NZはどうなのでしょうか?

参考までに教えていただけると幸いです。

よろしくお願いいたします。
Posted by こあら at 2009年06月12日 17:50
こんにちは。



初めまして!http://avanceee.com/はドメイン作ってますがブログです。3年前カナダはトロントに40日間滞在してました。近いうちに自然の残るカナダに移住したいと思いながら、はや、3年経ち、未だ日本でくすぶり焦る自分がいます。りもじろうさんのブログ移住etc参考になります。ブログコメントは公開されてしまうので思った事を話せない気がするので移住についてもっと詳しいこと等お話出来れば嬉しいです。avanceee@gmail.com










Posted by ユキ at 2009年06月21日 10:48
りもじろうさんへ

はじめまして、沼津の浅野英知と申します。

ある探しもの?をしておりまして、今日たまたま
りもじろうさんの2009年05月12日のブログに
たどり着きました。

大変不躾なお願いなのですが、どうしても
りもじろうさんに個人的に教えていただきたい
ことがありまして、書き込ませていただきました。

もし可能でしたら、りもじろうさんのメールアドレス
を教えていただけないかと思っております。

私の会社でのメールアドレスは以下となります。
asanoh@jp.fujitsu.com

もし可能でしたら、このメールまで何でも結構ですので
ご返信いただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

浅野
Posted by 浅野 英知 at 2009年06月24日 09:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「無趣味のすすめ」 村上龍・著
Excerpt: 無趣味のすすめ 全篇にわたって無趣味であるように薦めている本 …ではなくて、雑誌連載エッセイをまとめたもの。 氏が司会を務めている「カンブリア宮殿」は とても素晴らしい番組だと..
Weblog: ダラ読みブックレビュー
Tracked: 2009-06-02 07:58
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。