2008年07月02日

ベンチャーは全速力で駆け抜けろ

先日現職の全体会議があった。四半期の成績、今後の目標などをCEOが説明するのが主な目的である。
その席でのことである。

会議の終わりになって、CEOが、

「この場で聞きたいような何か質問がありますか?」

という問いに対して、あるエンジニアが質問した。

「現状で、たとえば売り上げがまったくたたない場合だとして、会社は何年持ちますか?」

うーむ。日本でこんな質問を社長に投げつけるやつは即左遷であろう。
まあ、キャッシュがどれくらいあって、どれくらい今の人員でやっていけるか、という質問と置き換えられる。

「約3年は大丈夫だよ。ははは。」

即答である。

これにはいろんな反応があるが、概ねエンジニアとしては十分な期間であるという感触である。
もともと2-3年ぐらいで転職することが一般的なようなので、3年出来るだけのことをして駄目なら安く売り飛ばされるか、解散か、成功すれば高く売り抜けるかという世界である。
スキルがその間付けばエンジニアとしては、損は無い。

勿論会社としてはキャッシュが単純に3年間減り続けることが許されるわけもないし、まったく売り上げがたたないというのも現実的ではないのは承知の上での質問であろう。

当然ながら、定年まで雇用が保障されるというような永続性が期待できない状況ではあるが、給料を安く抑えるとか、残業・休出で乗り切ろうとか、出張を減らそうとか、休み時間は電気を消そうとか、文房具を買い渋るというようなケチなことは一切無い。
言うまでも無く、前職ではすべてあったが。

あるとすればパフォーマンスの低い人間は退出してもらうということだけだ。
そして能力の高いと判断される人間は高給でやとう。
キッチンのフリードリンクなんかもやめない。何かいいことがあるとiPodとかくれたりする。(即返品して換金できる)

思いっきり短距離走の発想である。
日本でなかなかこの発想は定着しないだろうなあと噛み締めたのであった。




posted by りもじろう at 11:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | カナダの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
短距離走の発想についていくために全力疾走し続けるサラリーマン生活って結構辛くないですか?1社に勤めるのが2−3年でも、転職を繰り返して会社勤めを続ける限りは、その時々の短距離走者である雇用主についていくために全力疾走するわけだから、終わりがないですよねぇ。成果主義とか能力主義とかって、なんかすごくいいことみたいに言われるけど、もちろんいい側面もあるけど、短距離走者に雇われてる人って常に「今」結果を出すことを求められて、そのために全力で走り続けていて、なんか痛々しい。私はそういう痛々しいサラリーマンの1人です。
Posted by みまらむ at 2008年07月02日 22:52
痛々しくて苦痛なら、一生お仕えできる会社を探したらいいじゃないですか。幻想抱かせてくれる会社はいっぱいあると思いますよ。終わりがあるといいですね。
Posted by at 2008年07月03日 00:50
これが年取ってくるとしんどくなってくるんですよね。私の友人がブリッジウォーターというカナタにあるベンチャーに就職しました。英系です。

贅沢してますよ。この間はクルーズとかやってた。

で、うちの旦那をリクルートしに来ましたが、いかんせん私が随分年上でもう定年退職を考えはじめているので、勘弁してもらいました。10年前なら何とかなるさって思えたんだけど。
Posted by ジモピー at 2008年07月03日 10:27
そうですねえ。確かに、しんどい面もありますね。ただ私の場合、日本の大企業の中で、自分をうまく成長させられていないと感じる不安のほうが大きかったので、今のほうが危機感はありつつも、それによって安心感がある、という感じでしょうか。全力でやってないと不安というか。泳ぎつづけないと呼吸できないマグロみたいな。
Posted by りもじろう at 2008年07月03日 11:18
ご無沙汰してマウス!

「全力疾走」が 実力の7割くらいで済む国もあったりして、、、いろいろですyoね。日本企業の経験があれば、ふわふわ遊んでても 120% と評価される国もありますし、ねぇ
Posted by やま at 2008年07月03日 19:02
りもじろう氏はおひつじ座?
走っていないと不安で、止まるとぼける。

私はそうだ。ははは
Posted by ジモピー at 2008年07月04日 04:48
はじめまして。

日本国で全力疾走組に所属しております。
海外で働いた経験がないのですが、
「日本企業の経験があれば、120%と評価される国」
ってどんな国なのでしょうか?
Posted by たけのこ at 2008年07月06日 15:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。