2008年06月18日

カルチャーショック

いつもお世話になっている近所のご家族が、ストリートパフォーマンスをやるので見に来ないかというお誘いがあった。

で、行って見ると、このために勝手に通りを閉鎖しているし。
20080614_33.jpg
何かと思えば、近所の人で集まって、バーベキューをして、ライブの演奏をやったりして盛り上がろう、ということらしい。
20080614_53.jpg
ご近所が、好きな飲み物を持ち寄って、素人のライブ演奏で盛り上がるという他愛のないイベントであったが、みんなすごく楽しそうであった。

何が驚いたかというと、参加しているのが老若男女分け隔てなく、というところだ。
小学校高学年から十代のひねくれ盛りかと思われる子供たちが、皆参加して楽しそうに踊っているのだ。

演奏者も小学生から、お父さんたちまで幅広い。お母さんたちも物真似とか馬鹿やって盛り上がる。
子供たちは踊るし、おじいちゃんおばあちゃんも椅子を持ち出して大笑いしながらイベントに参加している。

そこには世代間での隔絶感がないのだ。

思えば、娘も小学校では、高学年の子供たちと遊んでもらったという話をよくしている。

会社に行くバスを待っている私にも、若い子供たちがこやかに挨拶をしていく。そんな経験がない私のほうが戸惑ってしまうぐらいだ。

どうやったら、こんな健やかに子供たちは育つんだっ!!


まあ、同じカナダでももっと都会のトロントやバンクーバーではさすがにこうは行かないのかもしれない。
しかし、環境によって子供は本当に健やかに育っていくのだなあと実感したのであった。


posted by りもじろう at 12:20 | Comment(6) | TrackBack(0) | カナダの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごく素晴らしいですね!
こんな生き方や時間の過ごし方があるって、分かっただけでも自分自身に彩りが加わった気がします。
Posted by ryu.higa at 2008年06月19日 00:26
いやあ、良いですね。
そういう環境で子育て出来るのは、何とも羨ましいです。
Posted by ソニー at 2008年06月21日 02:19
世代の区別なくこういうイベントで楽しめるって
良いですねえ!
日本は世代の隔絶が激しすぎるような気が。
Posted by at 2008年06月22日 04:09
はじめまして
fete des voisins っていう数年前にフランスで始まったムーブメントがあるようです。
先日、「ご近所祭り」と訳してテレビで紹介されていました。ちょうどこんなイベントでしたよ。
Posted by ライナスの毛布 at 2008年06月22日 09:41
はじめまして。
日本も数十年前は、年齢の違う近所の子供が集まって一緒に遊んでいて、年上の子が下の子の世話をしたりしていたものですが、最近はそういうことがなくなった気がしますね。
Posted by カエル玉子 at 2008年06月22日 20:39
> まあ、同じカナダでももっと都会のトロントやバンクーバーではさすがにこうは行かないのかもしれない。

同様に、日本の田舎なら、結構似たようなことありますけどね。別に海外に限った話しじゃなく。
僕の田舎も小さい頃は、全然世代が違う子供達みんなで遊んでましたし、バーベキュー大会とかよくしましたよ。
Posted by at 2008年07月01日 22:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。